주요 기사 바로가기

<アジア大会>トッテナム監督「孫興民の韓日戦ゴール、兵役免除を願う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.09.01 11:59
0
「孫興民(ソン・フンミン)がゴールを決めて兵役免除を受けることを願う」。

イングランドプレミアリーグのトッテナムのポチェッティーノ監督(アルゼンチン)がアジア競技大会の決勝戦を控えた孫興民(26、トッテナム)を応援した。

U-23(23歳以下)サッカー韓国代表にオーバーエイジ(24歳以上選手)で参加しているFW孫興民(ソン・フンミン)は、1日午後8時30分(日本時間)に日本との2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会男子サッカー決勝を控えている。孫興民の人生がかかっている試合だ。

8月31日にトッテナム-ワトフォード戦を控えて行った記者会見でも孫興民の兵役問題は大きな関心事だった。ポチェッティーノ監督は「私たちは何度かそれについて対話した。孫興民が心配しているのは事実」とし「彼は優勝することを願い、兵役免除を受けることを望んでいる」と伝えた。続いて「試合がどうなるかは見なければ分からない。うまくいくと思う。孫興民がゴールも決めて勝たなければいけない。孫興民が兵役免除を受け、我々のチームで経歴を継続することを願う」と述べた。

イングランドプレミアリーグは先月11日に開幕したが、トッテナムは損失を覚悟して孫興民を約1カ月間も韓国代表に送り出す決断をした。1992年生まれ(満26歳)の孫興民は2008年にドンブク高を中退したため、4級補充役(社会服務要員)召集対象者だ。国外居住のため満27歳まで入隊を延期できる。

アジア競技大会で金メダルを獲得すれば欧州舞台でキャリアを継続して国威宣揚ができるが、銀メダルの場合は社会服務要員として約2年間、机の前に座る可能性がある。5年以上居住すれば与えられるドイツ永住権を行使する可能性も排除できない。トッテナムは最近、孫興民と契約を2023年まで延長した。

サッカースターと南北分断、兵役問題が重なった異色のストーリーのため世界メディアも孫興民に注目している。英ロンドンイブニングスタンダードはこの日、「孫興民はアジア競技大会の決勝戦で自分の運命をかけてプレーする」と報じた。英ガーディアンも「1試合それ以上の競技だ。今週の最も大きなサッカー試合は韓国-日本のアジア競技大会決勝戦」と伝えた。

孫興民は今大会にオーバーエイジで出場し、主将を務めている。韓国はグループリーグで弱体マレーシアに1-2で衝撃的な敗北を喫したが、「献身的リーダー」孫興民のリーダーシップでチームは勢いづいている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP