주요 기사 바로가기

<アジア大会>日本に勝ったベトナム代表のコーチが助言 「日本サッカーの弱点は…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.31 10:30
0
2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会男子サッカー決勝の対戦カードが初めて韓日戦となった中、日本とグループリーグで対戦したベトナム代表のイ・ヨンジン首席コーチが「日本はDF選手のスピードが落ちるのが弱点」と助言した。

イ首席コーチは30日、「スピードのほか、得点力も相対的に劣る。このため得点も一人の選手に依存しない」と聯合ニュースを通じてこのように話した。続いて「日本は基本技に忠実なチーム。パスと組織力が優れている」とし「FWとMFの個人技と技術が良い」と説明した。イ首席コーチは「スリーバックを採用する日本は試合を重ねるにつれて良くなっている」とし、韓国は警戒を緩めてはいけないとアドバイスした。

ベトナムはグループリーグD組第3戦で日本を1-0で降して3連勝し、組1位で決勝トーナメントに進出した。イ首席コーチは大邱(テグ)FCの監督だったが、昨年、朴恒緒(パク・ハンソ)監督に誘われてベトナム代表チームに合流し、朴監督を補佐している。

キム・ハクボム監督が率いるU-23(23歳以下)韓国代表は9月1日午後8時30分、アジア競技大会男子サッカー決勝で日本と対戦する。太極戦士は孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)、黄儀助(ファン・ウイジョ、ガンバ大阪)、趙賢祐(チョ・ヒョンウ、大邱)など豪華なオーバーエージ選手のほか、李承佑(イ・スンウ、エラス・ヴェローナ)、黄喜燦(ファン・ヒチャン、ザルツブルク)などの欧州組も含まれ、大会開始前から有力な優勝候補に挙がっていた。

韓国はアジア競技大会2連覇に挑戦するが、最も大きなモチベーションは金メダリストに与えられる兵役免除だ。まだ兵役を終えていない孫興民(26)、黄儀助(26)、趙賢祐(27)は今回のアジア競技大会が兵役免除を受けることができる最後の機会であり、全力を注いでいる。黄儀助は9得点し、孫興民も1得点3アシストでチームの決勝進出に貢献した。

一方、日本は2020年東京オリンピック(五輪)を見据えてU-21代表でアジア競技大会に出場した。アジア競技大会の優勝を目標にするより、若い選手に国際大会の経験を積ませて2年後の東京五輪で花を咲かせるという「長期プロジェクト」だ。このためオーバーエージは含まれず、大学生選手が5人も含まれた。

しかし日本はグループリーグ2勝1敗で決勝トーナメントに進出した後、マレーシア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦を順に降して決勝まで上がってきた。客観的な戦力では韓国が上回るが、韓日戦の特殊性を考慮すれば決して油断できない状況だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP