주요 기사 바로가기

韓国人8割「男女性別による嫌悪が深刻」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.31 13:51
0
韓国国民の大半が「性別による嫌悪が深刻」と考えていることが分かった。韓国言論振興財団メディア研究センターが女性嫌悪などに対する認識実態調査のため20-50代の成人男女1000人を対象にオンラインアンケート調査をした結果だ。

調査によると、回答者の28.5%は性別による嫌悪表現問題が「深刻」と考えていた。「やや深刻」という回答も52.2%と、回答者全体の80.7%は性別による嫌悪表現問題が深刻だと判断していた。「深刻でない」は15.0%、「関心がない」は4.3%だった。

特に女性は男性よりも性別嫌悪表現の深刻性を感じている。女性の85.8%が「性別嫌悪表現問題が深刻」と答え、男性は75.6%だった。年齢別に見ると、若い世代であるほど深刻性を強く認識する傾向があった。

現在行われている「脱コルセット運動」や「恵化(ヘファ)駅デモ」に対する立場はどうか。これに対しては立場が分かれた。回答者の36.3%は「脱コルセット運動」と「恵化駅デモ」を支持すると明らかにしたが、その理由として「社会の女性の人権および女性に対する処遇が少しでも改善する」という回答(63.9%)が最も多かった。回答者の40.4%は「脱コルセット運動」「恵化駅デモ」を支持しないと答えたが、その理由は「そのような運動やデモのためにむしろフェミニズム、性差別、女性嫌悪のような社会イシューに対して否定的な見方が拡大する」(72.5%)、「韓国社会の女性の人権および処遇は運動やデモをするほど悪くない」(17.1%)などと回答した。回答者の23.3%は恵化駅デモに「関心がない」と答えた。

一方、性別嫌悪表現、すなわち「キムチ女」「韓男虫」のような表現について回答者の75.6%は「意味が分からない」と答え、「聞いたことはあるが正確には分からない」が18.7%、「聞いたことがない」は5.7%だった。

では、性別嫌悪を解決するための最も効果的な方法は何か。「メディアの積極的かつ徹底したファクトチェックを通じて性別関連の嫌悪に関する虚偽情報をなくすべき」(34.6%)が最も多く、「性別関連嫌悪に対する認識改善対国民キャンペーンと教育」(26.2%)、「メディアの性別関連嫌悪をあおる表現の使用自制」(25.0%)などの順だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP