주요 기사 바로가기

<サッカー>危機の韓国サッカー、日本を教訓に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.19 11:35
0
1/2
韓国サッカーのエースは孫興民(ソン・フンミン)だ。しかし孫興民だけに頼れば大会で好成績を期待するのは難しい。先月18日、ロシアW杯のスウェーデン戦でドリブルする孫興民。
2018ロシアワールドカップ(W杯)で表れた特徴は「1人依存度」が高いチームは成績が良くなかった点だ。ロベルト・レバンドフスキが孤軍奮闘したポーランドとモハメド・サラが中心のエジプトはともにグループリーグで敗退した。リオネル・メッシのアルゼンチンとクリスティアーノ・ロナウドのポルトガルも16強でストップした。

韓国の「孤独なエース」孫興民(ソン・フンミン、26、トッテナム)も2得点したが、力不足だった。孫興民の周囲にはトッテナムの同僚ハリー・ケイン、デレ・アリ(以上イングランド)やエリクセン(デンマーク)のような選手がいなかった。

韓国サッカーは特に権昶勲(クォン・チャンフン、ディジョン)、李根鎬(イ・グノ、蔚山)らがけがをして抜けた後、競技力が大きく低下した。もし孫興民がけがで抜ける場合、解決方法を探せないのが韓国サッカーの現実だ。このため孫興民個人に依存する「孫興民ワンマンショー」では4年後のカタールW杯でも好成績を期待できないという指摘が出ている。

アジアで唯一、決勝トーナメント(16強)に進出した日本から教訓を得る必要がある。日本はセネガル戦に出場した先発メンバー11人のうち10人が欧州でプレーする海外組だった。日本選手は欧州プロサッカー進出に積極的だ。スペイン・バスク地方の田舎のクラブ、エイバルに所属した乾貴士は2得点1アシストをマークした。

一方、韓国はメキシコ戦に先発出場した11人のうち欧州組は孫興民・奇誠庸(キ・ソンヨン、スウォンジーシティ)、黄喜燦(ファン・ヒチャン、ザルツブルク)の3人だけだった。KリーグMVPの李在成(イ・ジェソン、全北)はW杯で世界レベルとの差を実感した。ハン・ジュンヒ解説委員は「韓国は選手団全体のクオリティーを高める必要がある。最近、孫興民を除けば、欧州プロサッカーで活躍を継続できる選手の数が減っている。兵役が障害になっているが、欧州ビッグクラブでなくても中下位圏チームで着実に活躍できる選手が増えなければいけない」と述べた。

準優勝のクロアチアも韓国が学ぶべき模範事例だ。クロアチアは決勝トーナメント1回戦から3試合連続で延長戦にもつれる激闘を繰り返しながらも疲労しない体力を見せた。クロアチア代表の首席トレーナー、ルカ・ミラノビッチは2006年から2011年まで「クロアチアの格闘技伝説」ミルコ・クロコップ・チームにいたが、サッカー代表に総合格闘技(MMA)の練習方法を取り入れた。試合が終わるたびに肉体的に早く回復し、精神力でも克服する方法を教えた。

一方、韓国はW杯直前のオーストリア合宿で高強度体力プログラムを実施した。スペイン出身のフィジカルコーチを迎えたが、大きな成果はなかった。8強入りしたスウェーデンは心理専門家ダニエル・エクバル氏を通じて「チームスピリット」を作った。韓国の選手はネット上の批判に苦しんだが、これに対応する心理専門家は一人もいなかった。ハン・ジュンヒ委員は「ロシアW杯では精巧な守備組織力を基礎に速くて効率的な逆襲が優れたチームが良い成績を残した。セットピースのようなチームプレーも重要なポイントになった。フィジカル、戦術、分析など分野別に高度な専門性を備えたコーチとスタッフが必要だ」と助言した。

「黄金世代」を前面に出して3位に入ったベルギーのように「革命的な変化」が必要だという指摘もある。ベルギーはユーロ2000で1次リーグ敗退を経験した後、2006年にユースシステムを全面改編した。すべてのユースチームは成人国家代表チームと同じ有機的な4-3-3フォーメーションを使い、8歳以下チームのリーグには成績表をなくし、勝利よりサッカー自体を楽しませた。そのように成長した選手がケビン・デ・ブライネ(27、マンチェスターシティ)、エデン・アザール(27、チェルシー)など20代半ばのスターだ。

しかし韓国サッカーは小中学校・高校で一貫性のない指導を受ける。戦術的、理論的な哲学を共有できない。若い選手が成長して代表チームに集まっても一時的な運営になるしかなく、1人依存度が高まるしかない構造だ。大韓サッカー協会レベルでのユース教育カリキュラムとマニュアル、プログラムの準備が避けられない。

李栄杓(イ・ヨンピョ)解説委員は「韓国サッカーが技術的に成長して戦術的に強くなるためには根本的な解決策がなければいけない。結局、ユースから政策的に育成しなければいけない」とし「韓国サッカーは革命的な変化が必要だ。いま革命してユースを教えればその選手たちが育つまで15年かかる。今しなければ100年、200年かかるかもしれない」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP