주요 기사 바로가기

<W杯>日本-ベルギー戦、韓国解説委員の不公正発言に批判殺到

ⓒ 中央日報日本語版2018.07.03 10:15
0
ナセル・シャドリの後半追加時間の逆転ゴールでベルギーが日本に3-2で逆転勝利を収めて2018国際サッカー連盟(FIFA)ロシアワールドカップ(W杯)ベスト8に進出した中、KBS(韓国放送公社)サッカー解説委員ハン・ジュニ氏の発言が問題になっている。

ベルギーは3日(日本時間)、ロシア・ロストフアリーナで開かれた日本とのW杯決勝トーナメント1回戦で、2-2と拮抗していた後半追加時間の試合終了間際にシャドリの劇的逆転ゴールによって3-2で勝負を決めた。

この日の試合解説を担当したハン解説委員は、シャドリのゴールが入ると「シャドリ、ありがとうございます。シャドリをなぜ(試合に)投入したのかとさっき(言ったけれど)。非常に間違っていました。謝ります。ありがとうございます」とコメントした。

続いてハン解説委員は興奮した声で「シャドリ選手のゴール、当然感謝して謝罪します。今のベルギーの5人の選手による電光石火のような最後のカウンター攻撃、これがサッカーですね」と付け加えた。

韓国の一部視聴者は「公営放送であるKBSでこのような不公正解説をしてもかまわないのか。いくら日本が勝つのが嫌だといっても、解説は公平にしなければならないのでは」「韓日戦でもないのにこのような不公正中継をするなんて。解説者ならもっと中立性を守って放送を進めるべき」など批判の声をあげた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP