주요 기사 바로가기

<W杯>日本に苦戦のベルギー監督「悪夢が良い夢に…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.03 08:02
0
国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位のベルギーが2018ロシアワールドカップ(W杯)決勝トーナメント初戦で日本(61位)に大苦戦した。ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督も胸をなで下ろした。

ベルギーは3日、ロストフアリーナで日本と対戦し、3-2で逆転勝ちした。後半序盤に原口元気、乾貴士に連続ゴールを許して敗色が濃厚となったベルギーは、後半24分にヤン・フェルトンゲン、後半29分にマルアン・フェライニの連続ヘディングゴールで追いついた後、後半ロスタイムにカウンター攻撃を見せ、ナセル・シャドゥリの決勝ゴールで辛勝した。

マルティネス監督は「今日の試合でネガティブなことはない」と述べ、結果に満足感を表した。また「選手たちを誇りに思う日だ。ベルギーをこれからも信じ続ける。応援してくれたファンに感謝している」と語った。

また日本サッカーに対する称賛も欠かさなかった。マルティネス監督は「日本は完ぺきな試合をした。日本のカウンターは有効的で、2点目のゴールは我々にとって重大な試練だった」と振り返った。今回の対戦を「精神力を見せた試合」と評価したマルチネス監督は「悪夢で今は良い夢に変わった」と語った。

ベルギーは7日午前3時にブラジルと準々決勝を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP