주요 기사 바로가기

「海外も共感」…慰安婦訴訟を扱った韓国映画、8カ国販売・4カ国公開確定

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.06.28 10:37
0
海外へ海外へと広がっていかなくてはならない作品だ。韓国映画『Herstory』(ミン・キュドン監督)が世界各国での海外公開を相次いで確定させて耳目を引きつけている。

『Herstory』は1992年から1998年までの6年間、本人だけの努力で日本政府に堂々と対抗した慰安婦被害女性と彼女たちのために共に闘った人々の熱い物語を描いた作品だ。当時、日本列島を揺るがすほど有意味な結果を引き出したにもかかわらず、今まで十分に伝えられなかった「関釜裁判」の実話を素材にしている。

『Herstory』は、現在、海外8カ国への販売と4カ国の7月公開が確定している。香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、オーストラリア、ニュージーランドの計8カ国への海外販売を確定させた同作は、シンガポールとオーストラリア、ニュージーランドで7月26日、台湾で7月27日にそれぞれ公式公開される予定だ。

特に、『Herstory』は5月に開催された第71回カンヌ国際映画祭で上映されてから、世界のバイヤーたちの圧倒的な賛辞を受けたことがある。当時、マーケット上映後、アジア圏および中華圏関係者から真心のこもった賛辞と熱烈な呼応を受けた同作は、カンヌ国際映画祭後、世界が注目する話題作になった。

同作は今回の海外公開を皮切りに、世界各国に関釜裁判の実話を伝え、意味あるメッセージと熱い響きで全人類の心をあたたかく引き付けるものと期待されている。

オーストラリアとニュージーランドの配給を手がけるCINE ASIAは「『Herstory』は強く印象的で、必ず記憶しなければならない映画。今日の#MeToo(ハッシュタグミートゥー)運動と歩調を合わせて多くの共感を勝ち取るのではないかと考える。全世界の人々はこの映画を見るべきで、オーストラリアとニュージーランドでの配給をCINE ASIAが担当することになってとても誇らしい」と評した。

シンガポールとマレーシアの配給を手がけたMM2も「『Herstory』は文句なく今年必ず見なければならない韓国映画だ。実話を基にした意味ある映画をシンガポールとマレーシアで配給することになってうれしい」と明らかにした。

また、台湾の配給を引き受けたCAICHANGは「衝撃的な歴史を土台にした『Herstory』は、いろいろな女性の感動的な物語を見せてくれる。女優たちの優れた演技力で数多くの賞をさらうことを期待する」と伝えた。

一方、『Herstory』は韓国では27日に公開された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「海外も共感」…慰安婦訴訟を扱った韓国映画、8カ国販売・4カ国公開確定

    2018.06.28 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    韓国映画『Herstory』
    TOP