주요 기사 바로가기

アジアのトップブランド1位はサムスン電子…2・3位は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.07 07:26
0
アジアにおける韓国企業の地位はどうなっているだろうか。サムスン電子がアジアで最も人気のあるブランド1位を占めた。7年間、トップの座を守っている。LGエレクトロニクスは6位に、ロッテは35位にランクインした。

香港コミュニケーションマーケティング企業「キャンペーン・アジアパシフィック」(以下、アジアパシフィック)と世論調査企業「ニールセン」が共同調査を実施して選んだ「アジアトップ1000ブランド」の結果だ。このブランド調査は、韓国をはじめ日本、オーストラリア、中国、香港、インドなど主要アジア14カ国の消費者を対象に15の業種について行われた。

サムスン電子はこの調査で2012年から1位の座を守りつづけている。該当の調査が始まった2004年は17位だった。

アジアパシフィックは「サムスン電子は昨年、ギャラクシーノート7の発火事故や経営陣のスキャンダルがあったが、大衆の人気を維持した」と評価した。製品競争力とあわせて「社会的善」を強調したブランド戦略に効果があったと分析した。2位はアップル(米国)が占めた。パナソニック(日本)とソニー(同)が3位と4位に入り、5位はネスレ(スイス)、6位はLGエレクトロニクス、7位はグーグルが占めた。韓国企業ではサムスン電子とLGエレクトロニクスの他にロッテが35位に入った。

中国シャオミ(小米)の躍進が印象的だった。昨年200位から88ランクアップして128位を占めた。反面、中国代表企業のレノボは昨年80位から154位へとランクを大きく下げた。

サムスン電子とLGエレクトロニクスはアフリカでも存在感を示している。南アフリカ共和国の非営利団体「ブランドアフリカ」によると、「アフリカで最も尊敬されているブランド」2位がサムスン電子、6位がLGエレクトロニクスだ。この調査はアフリカ23カ国で実施されたオンラインアンケートの調査を基に算出している。

1位はナイキ、3位はアディダスが占めた。続いてコカコーラが4位に、アップルが5位に入った(いずれも米国)。南アフリカ共和国のMTN、中国のTECNO、日本のトヨタ、イタリアのGUCCHI(グッチ)なども10位圏内に入った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アジアのトップブランド1位はサムスン電子…2・3位は?

    2018.06.07 07:26
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子
    TOP