주요 기사 바로가기

22年ぶり韓国国内に自動車工場建設…年俸は現代車の半分

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.01 08:56
0
光州市(クァンジュシ)が推進してきた新規自動車工場建設事業が本格化する。現代自動車グループが事業のための議論に公式的に参加することになった。予定通り2020年に完工する場合、1998年に稼働したルノーサムスン釜山(プサン)工場以来22年ぶりに国内自動工場が誕生する。特に光州市は雇用拡大のために新規工場の職員の年俸を現代車の平均賃金の半分にもならない4000万ウォン水準に維持する計画であり、波紋は大きいと予想される。

光州市と関連業界によると、現代車グループはこの日午後、光州市に新規工場建設事業に対する投資意向書を提出した。本格的な事業参加のために光州市など事業関係者と議論を始めるということだ。現代車が事業の検討を始めたことで、状況を眺めていた他社の投資も続く可能性が高まった。

自動車工場の建設は光州市が主張する「光州型雇用政策」の核心だ。光州型雇用政策とは、労使間の協議と社会的な大妥協を通じて適正賃金を業界平均の半分ほどに抑える代わりに雇用を増やすというものだ。しかし実現する可能性が低いという指摘が多く、実際に参加の意思を表す自動車企業もなかった。

このため光州市は新しい案を出した。尹壮鉉(ユン・チャンヒョン)光州市長は「自動車工場単独投資誘致の代わりに地方自治体と企業が共にする新しい案を提示し、投資のハードルを下げた」と説明した。

今後、光州市は新規工場運営のために現代車など複数の投資会社と合弁会社を設立し、大株主として直接経営を主導する計画だ。また、該当工場と新規法人は自動車を委託生産する方式で運営される。特定の会社の製品だけを生産するのではなく、複数の自動車企業の製品を委託生産するということだ。現代車も初期投資家であり最初の委託顧客として事業に参加するだけで、経営には全く介入しないとみられる。

新規工場は光州ピッグリーン産業団地内に年間10万台生産規模で建設される予定だ。投入される予算は最小5000億ウォン(約500億円)で、光州市が投資家募集と借入金で80%以上の資金を調達し、現代車は約400億ウォンを投資するという。光州市は工場建設を通じて直接・間接的に1万2000人以上の雇用が創出されると推定している。

着工まで越えるべきヤマも多い。自動車業界の労働組合の反発も考えられる。ソウル大経営学科のキム・スウク教授は「労使間の葛藤解消と社会的妥協、適正賃金を通じた生産コスト削減などが成功すれば、国内産業全般に影響を及ぼす新しいモデルになる可能性がある」と評価した。

◆光州市自動車工場の効果

生産台数=年間10万台

予算規模=5000億ウォン(約500億円)以上

雇用創出=計1万2000人以上(直接・間接雇用)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP