주요 기사 바로가기

駐韓米国大使に日系のハリス太平洋軍司令官…対中・対北強硬派

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.05.19 11:55
0
トランプ米大統領が18日(現地時間)、対中国・対北朝鮮強硬派のハリー・ハリス米太平洋司令部司令官を駐韓米国大使に指名した。

ホワイトハウスはこの日、ホームページを通じてトランプ大統領の主要人事内容の中でハリス司令官の指名を知らせた。米上院承認聴聞会を通過すれば駐韓米大使として公式的に赴任する。駐韓米国大使はトランプ大統領の就任から16カ月以上にわたり空席だった。

ハリス司令官はその間、北朝鮮に対して強硬発言をするなど「対北朝鮮強硬派」に分類される。トランプ大統領が6月12日の米朝首脳会談を控えてこうした人事を決定したのは注目を引く。

ハリス司令官は米海軍提督に進級した初のアジア系(日系)米国人。ハリス司令官は1956年に横須賀市で日本人の母と米海軍中尉出身の父の間に生まれた。その後、米国のテネシー州とフロリダ州で育った。米ハーバード大、ジョージタウン大、英国のオックスフォード大で国際政治を学び、米海軍士官学校を1978年に卒業したハリス司令官は海軍飛行将校に任官した。湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争などに参戦している。

ハリス司令官は3月15日、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の首脳会談に関連し上院軍事委員会で「結果は決して楽観できないと考える。実際に会談が開かれる場合、いつどこで開かれるかを見なければいけない。北朝鮮は依然として(東アジア)地域の最も緊急な安保脅威だ」と慎重な姿勢を見せた。また「国連安全保障理事会の追加制裁および国際社会の広範囲な非難にもかかわらず、北朝鮮は昨年、弾道ミサイルと核の能力において急進展を遂げた」と批判した。

ハリス司令官は対中強硬派にも分類される。ハリス司令官は2015年、領土紛争地域の南シナ海で暗礁を埋め立ててきた中国に対し「砂の万里の長城を築いている」と非難し、その後、中国メディアはハリス司令官を「親日派」と批判した。中国国営メディアは「ハリス米太平洋司令部司令官の駐韓米国大使任命に反対する」という立場も表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    駐韓米国大使に日系のハリス太平洋軍司令官…対中・対北強硬派

    2018.05.19 11:55
    뉴스 메뉴 보기
    ハリー・ハリス米太平洋軍司令官(写真=米海軍)
    TOP