주요 기사 바로가기

「韓半島唯一の合法政府」表現、中学・高校教科書から消える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.05.03 11:32
0
現在の小学5年生と中学2年生が2020年に中学・高校に入学して使用する歴史教科書では、大韓民国の体制が「自由民主主義」でなく「民主主義」と表現される見通しだ。また1948年を「大韓民国樹立」ではなく「大韓民国政府樹立」の年として表示する。朴槿恵(パク・クネ)政権の国定歴史教科書で使用していた用語を変更するということだ。

韓国教育課程評価院(評価院)は2日、中学・高校歴史教育課程と教科書執筆基準試案を公開した。文寅在(ムン・ジェイン)大統領は昨年5月の就任から3日後に国定教科書の廃止を指示し、歴史の教科書は民間出版社が発行する検定体制になった。これを受け、教育部の委託を受けた評価院が新しい教科書のための教育課程と執筆基準試案を昨年8月から開発してきた。教育課程と執筆基準は6月に確定する。

教育課程および執筆基準試案をみると、国定教科書編纂過程で理念論争があった用語と内容の多くが変更された。国家体制に関する表現は「自由民主主義」ではなく「民主主義」に変わった。過去の歴史教科書では国家体制を民主主義と記述していたが、李明博(イ・ミョンブク)政権時代の2011年に教育課程を改定して自由民主主義に変わり、これが国定教科書でも続いた。パク・ジンドン評価院企画調整本部長は「学界と教育界で『民主主義』という用語に修正しようという要求が多く、『政治と法』のような他の社会科目では民主主義という用語を使用しているため変えることになった」と説明した。

また、1948年8月15日は「大韓民国樹立」でなく「大韓民国政府樹立」と記述される。

従来の教育課程では「大韓民国政府樹立」と表現していたが、朴槿恵政権の2015年に大韓民国樹立に変わって論議を呼んだ。ニューライトなど保守性向の学者は国連決議に基づいて韓国の総選挙が行われた1948年を建国の時期と見るべきだと主張した。しかし主流歴史学界では「建国の時期を1948年と見るのは1919年に樹立された大韓民国臨時政府を否定することだ」と批判した。

また、試案では大韓民国が「韓半島唯一の合法政府」という表現が抜けた。これまでの教科書執筆基準には「国連から韓半島唯一の合法政府として承認を受けた事実に留意する」と記述されていたが、関連内容が消えたのだ。その代わり「韓国と北朝鮮の政府樹立過程と体制的特徴を比較する」とした。歴史学界専門家諮問団が評価院に提出した「1991年に南北が国連に同時加入したため適切でない表現」という意見を受け入れたのだ。しかし保守性向の学者は大韓民国の正統性を否定すると解釈し、執筆基準の確定までは論争が予想される。

文在寅大統領は昨年12月、中国重慶の臨時政府庁舎を訪問した際、「我々は臨時政府樹立を建国と見なし、2019年は臨時政府樹立100周年になり、それはすなわち大韓民国建国100周年になる」と述べ、「1948年建国」に正面から反論した。パク・ジンドン評価院本部長は「学界の通説と臨時政府の法系を継承するという立場で『大韓民国政府樹立』が適切だと見なした」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓半島唯一の合法政府」表現、中学・高校教科書から消える

    2018.05.03 11:32
    뉴스 메뉴 보기
    2016年に教育部が公開した国定歴史教科書。この教科書は文在寅大統領就任直後に廃止された。新しい教科書は検定体制で執筆され、2020年から使用される。(中央フォト)
    TOP