주요 기사 바로가기

引退準備「54点」…老後が危険な韓国人(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.04.06 09:34
0
さらに大きな問題は老後準備の両極化だ。財務領域で準備水準が「良好」に入るグループは全体の48.3%、「危険」は32.8%を占めた。2年前に比べて「注意」は全体の18.9%で、9.1%ポイントも減った。

「公的年金-退職年金-個人年金」で構成された3層年金構造のセーフティーネットを組むのにもグループごとに差が大きかった。「良好」グループの個人年金加入率は61.4%だったが「危険」は20.8%に過ぎなかった。退職年金加入率も「良好」グループ(48.7%)は「危険」(15.6%)の3倍ほどあった。月平均の老後貯蓄額も15万ウォン(「危険」)と64万ウォン(「良好」)で差が大きく開いていた。集めたお金が少ないと老後に必要な資金調達も難しくなる。「良好」グループは老後に必要だと予想される最小生活費(199万ウォン)全額を調達することができる。反面、回答者の3分の1に該当する「危険」群は最小生活費(192万ウォン)の18.7%だけしか準備することができない。

特に、単身世帯は引退設計の最も弱い層であることが分かった。単身世帯の引退準備指数は50.5点で、全体平均(54.5点)よりも低い。ユン研究員は「既婚女性が引退設計を夫中心にする場合、婚姻関係の変動により老後準備が弱くなる可能性もあるので、これに備えた所得源を確保する必要がある」と強調した。

老後の準備に向けては、年金や保険などで前もって防壁の盾を築いておかなくてはならない。今回の調査でも3層年金をすべて保有し、保障性の保険加入件数が多いほど老後対備比指数が高かった。

保険研究院のリュ・ゴンシク上級研究委員は「国民年金の実質所得代替率が24%にしかならないため、残りは退職年金や個人年金などでまかなうしかない」と説明した。

未来アセット引退研究所のキム・ギョンロク所長は「引退後を準備するためには、まず仕事を長く続けなければならない」とし「年金に加入しているのであれば中途引き出しはしないほうがよく、引退準備がやや遅れた60代は住宅年金商品を活用して流動性を確保した方がよい」と述べた。
引退準備「54点」…老後が危険な韓国人(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP