주요 기사 바로가기

北朝鮮の強制連行被害者協会「日本は徹底的に謝罪して賠償を」

ⓒ 中央日報日本語版2018.04.02 11:46
0
北朝鮮の植民地時代の強制連行被害者団体が1日、日本政府に謝罪と賠償を要求した。

北朝鮮の「朝鮮人強制連行被害者・遺族協会」はこの日、報道官の談話で「過去の清算は日本の法的、道徳的な義務であり歴史的課題」とし「日本当局は時代錯誤的な対朝鮮敵対視政策と在日朝鮮人に対するあらゆる人権蹂躪策動を直ちにやめ、一日も早く我々の過去の被害者と遺族に徹底的に謝罪して賠償しなければいけない」と主張した。

続いて「日帝が犯罪的な『国家総動員法』を公布してから80年になる」とし「海外侵略野望に高ぶった日本反動支配層は戦争拡大に必要な人的および物的資源を充当するため1938年4月1日にファッショ的な国家総動員法を公布し、朝鮮の人民を過酷に弾圧した」と説明した。

また「日帝が数多くの朝鮮人を侵略戦争の駒として、強制労働と恥辱の性的奴隷として連行し、苦痛と死を強要した非人間的な蛮行は、人類史にその類例を探せない、天人共に怒りを抱く特大型の人権蹂躪犯罪であり、決して許さることはない」と非難した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP