주요 기사 바로가기

【社説】北朝鮮は軍事パレード自制し五輪の平和精神毀損するな

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.25 11:16
0
韓国政府が北朝鮮まで招いた平昌(ピョンチャン)冬季五輪の準備が大詰めを迎えているが、北朝鮮は軍事パレードの準備に没頭している。韓国政府と軍当局によると、北朝鮮は平壌(ピョンヤン)近郊の美林(ミリム)飛行場で先月から1万3000人の兵力と車両200台を動員して大規模軍事パレードの予行演習をしているという。北朝鮮が五輪前日の2月8日に軍事パレードを強行するのは建軍記念日のためという。北朝鮮は4月25日だった創軍記念日を突然2月8日に変更した。

問題は北朝鮮が軍事パレードを機会に利用し核脅威と偽装された平和を同時に送り出す陽動戦術を駆使するかも知れないという点だ。北朝鮮がもし今回の軍事パレードで大陸間弾道ミサイル(ICBM)だけでなく、ゲームチェンジャーと呼ばれる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、核弾頭まで公開する場合、大々的な武力示威と変わらない。北朝鮮がこうした場合、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の新年辞のように核ミサイル保有を既定事実化するかは知らないが平昌五輪は深刻な打撃を受けることになる。平和五輪というイメージからばらばらに崩れてしまう。

韓国政府は「平和」のために冬季五輪期間中に韓米合同演習のキー・リゾルブとフォール・イーグル演習を4月以降に延期した。韓国政府はまた、18日に補給と休息のため釜山(プサン)海軍作戦基地に立ち寄ろうとしていた米海軍の原子力潜水艦の入港も拒否した。この潜水艦は在来式弾頭を装着したトマホークミサイルを154発搭載しており、有事の際には韓国を支援する重要な戦略資産だ。これまで釜山作戦基地入港が拒否されたことのなかったこの潜水艦は釜山基地に入港できないため日本に行った。北朝鮮を刺激しないためだ。

韓国政府は北朝鮮の冬季五輪参加が非核化を誘導するための踏み石だと主張してきた。それでも南北交渉中に北朝鮮非核化と関連した言及は一切していない。このため文在寅(ムン・ジェイン)政権に向け米国との同盟は軽く考え、北朝鮮の顔色ばかりうかがっているのではないかとの話まで出てくるのだ。

北朝鮮が軍事力を誇示する軍事パレードを強行すれば五輪前夜のさまざまな行事に対して韓国国民の誤解を生みかねない。2月8日に北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団が江陵(カンルン)で行う祝賀公演や金剛山(クムガンサン)で予定される南北合同公演が北朝鮮の建軍節のためなのではないかと疑われるためだ。北朝鮮自らも内部的に建軍節祝賀行事だと宣伝する可能性を排除することはできない。しかも三池淵管弦楽団団長である玄松月(ヒョン・ソンウォル)は北朝鮮軍の現役大佐だ。

韓国政府はいまからでも北朝鮮当局に五輪期間中は軍事パレードの準備を中断するようにとの立場を明確に伝えなければならないだろう。また、北朝鮮軍の動きを国民に詳細に説明する必要もある。それでこそ「平昌五輪が平壌(ピョンヤン)五輪か」という韓国国内の非難世論を鎮められるだろう。北朝鮮も同じだ。平和の象徴である平昌五輪の前夜にあえて軍事パレードを強行し「ならずもの国家」のイメージを自ら招く必要があるのか尋ねたい。北朝鮮は五輪の「平和精神」を毀損する一切の行動を自制するよう望む。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP