주요 기사 바로가기

韓国産の地対空ミサイル、海外からも関心

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.12.27 08:59
0
軍が韓国型ミサイル防衛(KAMD)の核心武器である天弓(M-SAM)ブロック2を来年から量産する。新型国産地対空迎撃ミサイルの天弓ブロック2は200発以上生産される可能性もあるという。

防衛事業庁は26日、宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官の主宰で防衛事業推進委員会を開き、「鉄鷹II性能改良量産事業」推進法案を確定した。「鉄鷹II性能改良」は天弓ブロック2生産事業の名称だ。政府関係者は「今日の防衛事業推進委員会で天弓ブロック2に関する生産日程を確定したが、正確な内容は軍事機密であるため明らかにできない」と述べた。

軍は天弓ブロック2の砲台を6-8基配備する計画だ。1基は射撃統制所、多機能レーダー、3台の発射台車両などで構成されている。1台の発射台車両にはミサイル8発まで搭載できる。砲台1基はミサイル24発を搭載でき、8基の砲台を配備すれば最大192発、予備用ミサイルを含めて200発以上の生産となる。

地対空ミサイル天弓にはブロック1とブロック2の2種類がある。ブロック1は敵の戦闘機迎撃専用で、ブロック2は弾道ミサイル迎撃用だ。目標物付近でさく烈して破片で落とすブロック1とは違い、ブロック2は目標物に衝突する。

ミサイル専門家のクォン・ヨンス元国防大教授は「ブロック2は直接衝突方式であり、核や生物化学兵器を搭載した敵の弾道ミサイルを空中で爆破させて2次被害を減らすことができる」と述べた。

韓国産の天弓と米国産のパトリオットミサイルはKAMD低層防御網の核心だ。これらミサイルは高度40キロ以下を防御できる。これより高い高度(40-60キロ)を担当する長距離地対空ミサイル(L-SAM)は現在開発中だ。軍はブロック1を昨年から実戦配備している。ブロック1は先月2日の最初の射撃実験でマッハ4.5(時速約5500キロ)の速度で飛行し、標的に約40キロの距離から命中した。ブロック2は今年開発が終わった。ブロック1より射程距離が長く、最大高度も高い。

天弓は金泳三(キム・ヨンサム)政権から金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権まで続いた「プルゴム(エゾヒグマの意)事業」(1次1995-98年、2次2003-2006年)を通じてロシアから導入した技術を基礎としている。盧泰愚(ノ・テウ)政権が旧ソ連に貸した資金を返せなくなったロシアは韓国に武器と技術で代わりに償還する案を提案、金泳三政権がこれを受け入れてプルゴム事業が始まった。軍関係者は「天弓の性能は韓国軍が保有しているパトリオットミサイル(PAC3)より優れている」と述べた。価格はパトリオットより安い。業界関係者によると、PAC3は1発あたり100億ウォン(約10億円)程度だが、ブロック2の場合は50億ウォン程度という。

このためブロック2に対する外国の関心も高いという。ブロック2の輸出が実現する場合、初めての地対空ミサイルの海外販売となる。業界関係者は「地対空迎撃ミサイルは先端技術が集約されているため防衛事業の水準を知らせる指標」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP