주요 기사 바로가기

平壌に建物2棟だけ残した「韓国戦争北爆の悪夢」…1カ月に3回飛来した「死の白鳥」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.26 08:44
0
北朝鮮が24日、米空軍のB-1Bランサー戦略爆撃機をミサイルで空中爆発させる合成映像を公開した。この日米軍がグアムから韓半島(朝鮮半島)、東海(トンヘ、日本海)上、北朝鮮領海付近までB-1Bを出撃させ武力示威をした直後だった。航空機の形が白鳥に似ており「死の白鳥」という別称を持つB-1Bは、わかっているだけで先月31日と18日に続き1カ月もたたない期間に往復6000キロメートルを超える長距離飛行を3回も行った。

一度に30億ウォン以上かかる費用にもかかわらずB-1Bの頻繁な出撃理由は何か。

専門家らは北朝鮮の「トラウマ」、すなわち韓国戦争(朝鮮戦争)の際の米軍の空襲に対し北朝鮮が感じる「悪夢」のためだと説明した。ある予備役将軍は「韓国戦争当時、洛東江(ナクトンガン)戦線で最後の攻勢を準備中だった北朝鮮軍に向け98機の米軍B-29爆撃機が26分間に960トンの爆弾を浴びせるじゅうたん爆撃を加えた、制空権を掌握した連合軍が平壌(ピョンヤン)など北朝鮮の主要都市に対しても持続的な空襲を行ない、戦争が終わった後にまともな建物が残らなかったほどなので米軍の空襲は北朝鮮には悪夢だろう」と話した。

実際に1994年に死去した金日成(キム・イルソン)主席が生前に「米軍の爆撃で73都市が地図から消え平壌には2棟の建物だけが残った」と言及したことがある。2階建て以上の建物のうち現在平壌第1百貨店として使っている建物程度だけが耐え抜いた。仁済(インジェ)大学統一学部のチン・ヒグァン教授も「平壌をはじめとして北朝鮮の主要都市は完全に破壊され、ソ連と社会主義国が3年以上かけて都市全体を新たに建設しなければならなかった。米軍の空襲の破壊力を経験した北朝鮮は有事の際に備え各地に大規模地下施設を備え、平壌地下鉄の場合、地下70メートルに作り待避施設として活用できるようにした」と話した。続けて「地対空ミサイルなどで細かい防空網を備え、金日成主席や金正日(キム・ジョンイル)国防委員長は米軍爆撃機が動く場合には公開活動を中断することもあった」と付け加えた。

米軍戦略爆撃機の頻繁な出撃は韓国戦争の悪夢を活用した抑制力次元という話だ。韓国政府当局者も「武力示威には戦略爆撃機がぴったり。過去の政権時代は韓国から米国に派遣を要求したりもしたが、最近では米国の独自判断で爆撃機が来る場合もある」と伝えた。最近北朝鮮の軍事的脅威が高まり、グアムに駐留している爆撃機パイロットの実際の長距離作戦訓練の性格もあるという話だ。精密誘導爆弾など61トンの武器を搭載したB-1Bはグアムから2時間あれば北朝鮮地域を攻撃できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP