주요 기사 바로가기

安倍氏も受けた「写真ワンカット」の屈辱 文-習の「表情戦争」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.12.12 10:20
0
1/2
昨年9月の中国杭州空港。オバマ米国大統領を乗せたエアフォースワンが到着したが、タラップが提供されなかったためオバマ大統領は前からではなく裏口から降りなければならなかった。外国首脳訪問時にレッドカーペットが敷かれたタラップを提供する儀式慣例が守られなかったためだ。(写真=中央フォト)
このような「意図的欠礼」は中国がよく使う手法だ。昨年9月、中国杭州で主要20カ国・地域(G20)首脳会合が開かれた当時のことだ。バラク・オバマ米大統領が空港に到着してエアフォースワンから降りてきたが、他の首脳とは何かが違った。滑走路に降りてくるために使う階段だった。他の首脳はすべて中国側が準備したレッドカーペットが敷かれた階段を使ったが、オバマ大統領が降りてくる階段にはレッドカーペットがなかった。

中国側はこれについて「移動式階段の運転者が英語が分からず安全規則遵守をしっかりと伝えられず、米国側が接近させないようにした。そのためオバマ大統領がエアフォースワンにあった階段を使った」と説明した。だが、実状は冷遇の意図が根底に流れていると見る視線が外交界では支配的だった。

建国(コングク)大学中国研究院のハン・インヒ院長は「先日は中国で開かれた多国間行事の時、胡錦濤主席に会うために各国首脳が長い列で待っている様子が撮影されて話題になったこともある」とし「文大統領もあらかじめ心の準備をして現場で習主席と目を合わせて表情を読みながら対処した方が良いようだ」と話した。

このような「写真外交」は1972年にリチャード・ニクソン米大統領の歴史的訪中の時も中国が使った手法だ。ニクソン大統領と毛沢東主席と握手する写真を見ると、毛主席は腕を完全に伸ばさず肘をやや曲げている。外交界消息筋は「ニクソン大統領のほうが積極的に握手を求めるような感じで写真を撮ったという。当時ニクソン大統領が空港に到着した写真を見ると歓迎する人員が少なかったが、これも中国政府が意図したもの」としながら「中国はこのような形の演出に長けている」と耳打ちした。

亜洲(アジュ)大学中国政策研究所のキム・フンギュ所長は「まだ両国間には懸案に対して異見がある状況だということを念頭に置いておくべきだ。文大統領は満面の笑みを浮かべるよりも落ち着いて淡々とした表情を見せたほうがいいかもしれない」と述べた。申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使は「韓中関係が完全に改善されたわけではないだけに、習主席は固い表情なのに文大統領だけ笑う表情で写真が撮られると良いことはない。中国は写真で大衆の認識を形成しようとしていることに我々も備える必要がある」と述べた。
安倍氏も受けた「写真ワンカット」の屈辱 文-習の「表情戦争」(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP