주요 기사 바로가기

韓国大統領外交安保特補「独島エビ、意図したものではなく日本が誤解」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.21 10:54
0
韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官〔延世(ヨンセ)大名誉特任教授〕は20日、韓米首脳会談の晩さん会に登場した「独島(ドクト、日本名・竹島)エビ」論争に関連し、「決して意図したものではない。(日本が)非常に誤解している」と述べた。

この日、ソウル中区(チュング)プレスセンターで開かれたソウル外信記者クラブ懇談会に出席した文特補は、「トランプ大統領の韓国晩さん会の時、慰安婦女性と独島エビが登場したことから『反日晩さん会』という言葉まで出てきた。どうしたら韓米行事でそんなことができるだろうか。外交的失敗ではないか」と問う日本記者の質問に対し、このように答えた。

文特補は「『(そんな)こと』ではなく『行動』」と日本記者の言葉を訂正しつつ、「私も晩さん会に同席したが、独島エビが出てきたことはない(当時は分からなかった)。独島エビがディナーメニューに目に見える形で出てきたことはない」と述べた。続いて「実は小さく刻まれて雑菜(チャプチェ)に入っていたという。料理を準備する側が晩さんに使われた材料を紹介する時に、『高敞(コチャン)韓牛』や『巨済島(コジェド)カレイ』などと同じように独島地域で獲れた大きなエビを地域の食材として表現したものだ」と説明した。

ただし、旧日本軍慰安婦被害女性の李容洙(イ・ヨンス)さんが出席したことについては「私が決めたことではないが、政治的メッセージが含まれている可能性はある」とし「日本が拉致日本人問題について世界中どこへ行っても問題提起ができるように、青瓦台(チョンワデ、大統領府)も慰安婦女性を招待して問題を強調したかった可能性もある」と述べた。

年末に慰安婦合意タスクフォース(TF)の結果発表が予定されているなど、韓日関係の今後については「(TFの結果を)予断することは非常に難しい」としつつも「歴史問題を『最終的・不可逆的』に合意するということは国民感情と相容れないのではないかとする文在寅(ムン・ジェイン)大統領の考えは強い」と伝えた。ただし、文大統領は歴史は歴史問題で、韓日外交正常化と経済協力、北朝鮮問題解決のために韓国と日本が協力しなければならないという確固たる信念も持っている」とし「慰安婦の歴史問題にもかかわらず、韓日関係は大きく改善されるとみている」とした。

文在寅政府の外交基調である「均衡外交」については、「文大統領が『均衡外交』という表現を使わないと言っている。もし何か使うとするなら『重用外交』になるだろう」とし「一方に偏りすぎないでバランスと調和を通じてどの国も一緒になって良い方向に向かおうという政策」と述べた。

文特補はまた、10・31韓中国THAAD協議結果で議論された政府の「三不」(▼THAAD追加配置検討▼米国ミサイル防衛(MD)体制参加▲韓日米軍事同盟での発展などをしない)」という立場については「常識的な水準で大きな問題はない」と述べた。

北朝鮮が60日以上にわたって挑発を中断し、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)期間中に韓米連合軍事訓練が延長されて、事実上、中国が提案する「双中断」が採用される可能性については「それは私からコメントできない」としつつも「(発表するなら)国防部報道官が…。もう少し待ってほしい。間もなく良い便りがあるだろう」と述べ、協議が進行中である可能性を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領外交安保特補「独島エビ、意図したものではなく日本が誤解」

    2017.11.21 10:54
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル外信記者クラブ懇談会に出席した文正仁大統領統一・外交・安保特別補佐官。
    TOP