주요 기사 바로가기

米大統領の国会演説で予測不可能な発言出るか…青瓦台が対策に腐心(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2017.11.05 13:15
0
トランプ米大統領の訪韓を控え、彼の1泊2日の動線に関心が集まっている。米国の現役大統領としては25年ぶりの国賓訪問であり、北朝鮮の核危機が高まっている状況で韓国を訪れるだけに彼の一挙手一投足に世界の耳目が集中するほかない。

韓米両国の発表を総合すると、トランプ大統領は7日午前に最初の訪問先である日本を出発し正午ごろに韓国に到着する予定だ。外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官と趙潤済(チョ・ユンジェ)駐米大使が直接出迎え、21発の礼砲発射など国賓歓迎行事も開かれる。2014年のオバマ大統領(当時)の訪韓時は次官級が出迎えたが国賓訪問に合わせ閣僚級に格上げしたというのが青瓦台(チョンワデ、大統領府)の説明だ。

続いてトランプ大統領は平沢(ピョンテク)のキャンプ・ハンフリーズ在韓米軍基地を訪問して韓米将兵を激励し昼食をともにする。午後には文在寅(ムン・ジェイン)大統領との韓米首脳会談が予定されている。単独会談と拡大会談に続き夫婦同伴で青瓦台構内を散策した後に共同記者会見をするスケジュールとなっている。夕方には青瓦台迎賓館で開かれる国賓晩餐会に参加し、翌8日に国会演説と国立顕忠院訪問などをこなした後、中国に向かう計画だ。

特に注目を引く日程は8日午前の国会演説だ。これまで北朝鮮と金正恩(キム・ジョンウン)政権に対し強硬発言をはばからないトランプ大統領が韓国国民の代表機関である国会を訪れた席で普段の自身の「所信発言」を出す可能性が少なくないという点からだ。さらに前日の首脳会談の合意は両国間の事前調整を通じて発表されるという外交的属性を考慮するとトランプ大統領が青瓦台で消化できなかった内容を国会に来て吐き出す余地は十分という分析だ。

実際に韓米外交界では「首脳会談より国会でトランプ大統領がどのような話をするかがもっと大きな関心事」「韓米同盟を再確認する水準の言及だけでも大成功」という話が出回るほどだ。これに加えトランプ大統領が文在寅政権の対北朝鮮路線に批判的な立場を明らかにしたり、韓米自由貿易協定(FTA)と在韓米軍の防衛費分担金など韓米間の懸案と関連し韓国政府に「請求書」を公開要求する場合、波紋は少なくないだろうと観測される。(中央SUNDAY第556号)
米大統領の国会演説で予測不可能な発言出るか…青瓦台が対策に腐心(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP