주요 기사 바로가기

「シンゾー・ドナルド」を前に出す安倍政権

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.26 08:09
0
「外交は訪問国の順番も重要だ」。来月5日から始まるドナルド・トランプ米大統領のアジア訪問を控え、日本外務省の幹部が日本経済新聞のインタビューで明らかにした内心だ。この幹部は「トランプ大統領が日本を最初に訪問することに意味がある」と強調したと、同紙は25日伝えた。

日本の浮かれた雰囲気を代弁するかのように、今回の訪問を控えて安倍晋三政権は両国首脳のファーストネームで「シンゾー・ドナルド」関係を前に出すとみられる。過去にも日米首脳間の親密な関係を表すために固有名詞のように首脳の名前を付けて表したケースがあった。1980年代のロナルド・レーガン大統領ー中曽根康弘首相時代の「ロン・ヤス」、ジョージ・W・ブッシュ大統領-小泉純一郎首相時代の「ブッシュ・コイズミ」などがそうだ。

両首脳の名前を固有名詞のように付けて使うのは日米密着以外の意味も込められている。同紙は「北朝鮮問題で『シンゾー・ドナルド』以外があまり注目されないのは、手詰まり状態を映し出しているともいえる」と評価した。

日本政府の発表によると、トランプ大統領は来月3日にワシントンを出発し、ハワイを経由して5日に東京に到着する。翌日には安倍首相と首脳会談を行い、13歳で北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの親など拉致被害者家族と面談する予定だ。

この日、トランプ大統領夫妻が天皇夫妻に会うとも伝えられた。これに関連し、一部では「会見中またはその後にトランプ大統領がツイッターでどんなメッセージを送るか分からない」という懸念が出ていると、同紙は伝えた。日米同盟の役割を強調するために、トランプ大統領が自衛隊の護衛艦に乗船することも検討されているという。

訪日日程を終えたトランプ大統領は来月7、8日に韓国を訪問する。国会で演説をし、平沢(ピョンテク)の在韓米軍基地「キャンプ・ハンフリーズ」を訪問すると伝えられた。その後、トランプ大統領は北京に渡り、2期目を迎えた習近平国家主席と会談し、北朝鮮問題などを集中的に議論するとみられる。

その後、来月10-14日にベトナムとフィリピンで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会談に出席し、東南アジア各国の首脳と個別に会談する予定だ。東南アジア諸国にも国連安全保障理事会が決議した対北朝鮮制裁の履行を強調すると予想される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP