주요 기사 바로가기

「トランプ氏、日本だけに行きたかった…訪韓の最大の目的は」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.23 08:59
0
--トランプ大統領の今回の訪韓の本当の目的は何だと考えるか。

「ホワイトハウスは初めは訪韓はなく日本だけに行きたかったものと考える。しかし、多くの専門家が韓米同盟で強力な連帯を示さない場合、北朝鮮を抑えることはできないと説得して訪韓日程も含まれることになったと聞いた。結局、訪韓の第一目的は北朝鮮であることが明らかだ。第二の目的は米国国民のための経済イシューである韓米自由貿易協定(FTA)改正問題だ。両国がFTA改正交渉に進展があるというラインで話せるなら両国にとって最善だろう。そうではなく、訪韓期間、トランプ大統領がFTA脱退発言をするようなことがあれば、韓米同盟はより大きな危機に直面することになる」

--今回のアジア歴訪の真の目的は訪日という意味か。

「私の言いたいことは、トランプ大統領は安倍首相が好きだという意味だ。安倍首相は理念的にトランプ大統領と近く、北朝鮮問題に対してはるかに強硬だ。私は文大統領が個人的に好きで尊敬しているが、彼は非常に温和な性分だ。トランプ大統領はこれを弱気と見ている。日本の場合、トランプ大統領が環太平洋経済連携協定(TPP)脱退を宣言した後、韓国のようにFTAのような再協議や大きな摩擦を起こすような事案がない」

--文大統領に首脳会談に対して助言をするなら。

「トランプ大統領に北朝鮮を包容するべきだとか北朝鮮と首脳会談をするべきだというような説得しないでほしいと言いたい。米国はミサイル試験を凍結する代わりに韓米連合訓練を中断するいわゆる双中断(Freeze for Freeze)交渉をしないことだ。行政府はもちろん、議会も反対する。米国が北朝鮮と実務級接触をする時まで静かに待つほうがいい。その代わり、私は文大統領がトランプ大統領と一緒にDMZを訪問して『私は特殊戦司令部出身だ』と言って韓米連合訓練や米国の戦略資産の配備やロケット技術の移転などをテーマに話をして『一緒にやっていこう』と話すべきだと考える」

--ヘンリー・キッシンジャー元国務長官が提案した中国とビッグディールの可能性は。

「キッシンジャー氏は常にその話をしてきた。だが、レックス・ティラーソン国務長官やジェームズ・マティス国防長官、ハーバート・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)、ジョン・ケリー秘書室長に至るまで、政権内のプロフェッショナルな専門家は全員キッシンジャーの提案を拒否している。党大会以降、さらに強力で自信に満ちた中国の習近平主席もグランドバーゲニング(Grand Bargaining)の提案を受け入れる可能性はほぼない。ただし、9月21日の北朝鮮に対する金融制裁に関連して、先月ホワイトハウス側から聞いた話によると、最も協調的な国が日本、二番目が欧州連合、三番目は中国、韓国はその次だと聞いた。状況は変われるが、この部分は文在寅政府には問題になるだろう」
「トランプ氏、日本だけに行きたかった…訪韓の最大の目的は」(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP