주요 기사 바로가기

トランプ大統領、韓国国会で演説へ…米大統領では25年ぶり国賓訪韓

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.17 10:03
0
トランプ米大統領が11月7日に韓国で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談をすると、米ホワイトハウスが16日午前(現地時間)公式発表した。ホワイトハウスはこの日、発表文を通じて、トランプ大統領がアジア訪問日程でまず来月3日に米ハワイを訪問し、米太平洋司令部を巡視し、ブリーフィングを受けると明らかにした。また、真珠湾とUSSアリゾナ記念館も訪れる予定だ。

続いて5日に日本に到着した後、在日米軍と自衛隊要員に会う予定だ。トランプ大統領は横田めぐみさんら拉被害者の家族とも面談する計画だ。

訪韓期間中には文在寅大統領との首脳会談をはじめ、国会演説日程も含まれた。トランプ大統領の国会演説は米国大統領では7回目、1993年のクリントン元大統領以来24年ぶりとなる。これに関し青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は「文大統領は11月7日の公式歓迎式に続き、トランプ大統領と首脳会談を行い、国賓晩餐を開く予定」とし「米大統領としては25年ぶりの国賓訪韓」と伝えた。

ホワイトハウス側は「(国会演説で)永久的な韓米同盟を記念して北朝鮮に対する圧力を最大化することを国際社会に促す」と明らかにした。訪韓日程を終えた後、トランプ大統領は8日午後に中国入りし、2泊3日の日程を消化する予定だ。

ホワイトハウスはこの日、トランプ大統領の韓国到着日は明確にせず、「7日の首脳会談」だけを明らかにしたが、当初の「日本3泊、韓国1泊」から「日本2泊、韓国1泊、中国2泊」に調整される可能性が高いとみられる。これについて青瓦台は「両国はトランプ大統領の正確な到着および出発日程を協議中」と明らかにした。オバマ前大統領は2009年11月に就任後初めて訪問した際、韓国・日本滞在を1泊2日に合わせた。ブッシュ元大統領も2002年2月の最初の歴訪でそれぞれ2泊3日となるよう期間を調整した。

外交消息筋は「日本2泊、韓国2泊に調整するにはトランプ大統領が夜遅く日本から韓国に移動しなければいけない」とし「今回の歴訪日程は11日間(3-14日)にのぼり、トランプ大統領の健康とコンディションを最優先とする日程を組んだのだろう」と話した。

一方、トランプ大統領は訪韓中、非武装地帯(DMZ)に行くことを検討したが、安全上の問題を考慮して先延ばししたとみられると、朝日新聞が伝えた。その代わり京畿道平沢(ピョンテク)の在韓米軍基地「キャンプ・ハンフリーズ」を視察する可能性がある。米ホワイトハウスもこの日の発表文で「訪韓期間中に米軍と韓国軍に会う」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP