주요 기사 바로가기

【コラム】2人の「狂人」の手に任された韓半島(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.09 11:38
0
金正恩委員長は戦争をすれば体制が跡形もなく消えることをよく知っている。しかも韓国には16万人の米国人、5万人の日本人、102万人の中国人が暮らしている。この人たちを犠牲にしながら両国が韓半島(朝鮮半島)で戦争をするのは常識的に不可能だ。しかし非常識なチキンゲームが続けば常識がおかしくなる。もう自制しなければいけない。偶発的な衝突を防ぐために可能な外交チャンネルをすべて稼働するべきだ。1994年の北核危機を収拾したカーター元米大統領が4日、ワシントンポストへの寄稿で「第2の朝鮮戦争が懸念される」と主張した。また「米国政府が北朝鮮に平和協定締結のための高官級代表団を送るべきだ」と促した。

戦争で最大の被害を受ける我々が平和を築く主役にならなければいけない。北朝鮮に最大限の圧力を加えるものの、北核解決のための現実的かつ包括的な妥協案を主導する必要がある。そうしてこそコリアパッシングを防ぎ、朝米、米中の大妥協の中で安保利益を守ることができる。

トランプ大統領は米国の安保と経済を最優先に考慮し、一方的な行動をとる可能性がある。「狂人を防ごうと米軍2万8000人を休戦ラインに配置している。ところが米国が得たものは何か」と尋ねた人物だ。在韓米軍撤収の可能性を示唆したのだ。深刻な事態を予防するには米国とさらに近づかなければいけない。

トランプ大統領は「大統領が狂人なので直ちに韓米FTAを破棄することもある」と話せと指示した人物でもある。ワシントンで2回目の韓米FTA共同委員会を終え、昨日ソウルに戻った金鉉宗(キム・ヒョンジョン)通商交渉本部長と電話をした。金本部長は「公式的な交渉相手のほか、24人の上・下院議員とホワイトハウス関係者に会った。名分は与えて実利を得る」と述べた。トランプ大統領の訪韓を11月に控えて注目すべき対米接近法だ。尹永寬(ユン・ヨングァン)元外交部長官は「首脳間の化学的親密度が高まらなければならず、すべての水準でマンツーマンで対米接触を強化する密着外交が必要だ」と注文している。

我々は2人の「狂人」の間に挟まれているが、確固たる態度を維持すれば生きる。ただ、内部の結束が必須だ。票に目がくらんで安保を国内政治に変えてしまえば現実を正しく見ることはできない。韓半島で数百万人が死亡する戦争の再発を防ぐためにいかなる私心も捨てるべきだ。

李夏慶(イ・ハギョン)/主筆
【コラム】2人の「狂人」の手に任された韓半島(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP