주요 기사 바로가기

名節連休中の家庭内暴力、1日1000件に迫る=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.24 10:24
0
毎年秋夕(チュソク)と旧正月の連休ごとに1日平均1000件に達する家庭内暴力が発生していることが明らかになった。

国会行政安全委員会所属のイ・ジェジョン議員(共に民主党)が23日に警察庁から提出させた資料を基に明らかにしたところによると、2014年の旧正月から今年の旧正月までの名節連休期間に警察に寄せられた家庭内暴力の通報は3万1157件で、1日平均974件だった。

2014年から今年7月末までに通報された家庭内暴力は88万3807件、1日平均676件で、同じ期間の名節連休中の平均申告件数が44%(298件)多かった。

名節連休期間中の家庭暴力件数は2014年の秋夕連休(5日)が4599件を記録した後徐々に減ったが、2016年の秋夕連休(5日)は6165件に急増した。その後昨年の旧正月連休(4日)は4307件を記録した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP