주요 기사 바로가기

文大統領「私にとって平和は人生の使命であり、歴史的な責務」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.22 07:59
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日(現地時間)、「戦争を体験した地球上唯一の分断国家の大統領である私にとって平和は人生の使命であり、歴史的な責務」とし「(北朝鮮に断固として対応する)我々のすべての努力は戦争を防止して平和を維持するためのもの」と述べた。

文大統領はこの日、米ニューヨークで開かれた第72回国連総会で就任後初めての基調演説を行った。世界約90人の首脳の前に立った文大統領は北朝鮮による6回目の核実験とミサイル挑発に対して「言葉では言い表せない失望と怒りを抱かせた」と表現し、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議2375号を取り上げ「より一層強力な制裁と圧力が必要だ」と話した。

しかし、重点は「平和」に置かれた。自ら避難民出身だと紹介した後「私はろうそく革命を通じて戦争と葛藤が絶えない地球村に平和のメッセージを投げた我が国民を代表している」とし「偶発的な軍事的な衝突で平和が破壊されることがないように北核問題をめぐる状況を安定的に管理していかなければならないだろう」と述べた。文大統領は引き続き「我々は北朝鮮の崩壊を望まない」とし「いかなる形の吸収統一や人為的統一も追求しない」と話した。

2日前、同じ席でドナルド・トランプ米大統領が「米国と同盟を防御しなければならないとすれば、北朝鮮を完全に破壊すること以外には選択の余地がない」とし、強力な発言を行ったこととは対照的だった。

文大統領は演説後、韓米首脳会談と韓日米首脳間午餐会に引き続き参加した後、帰国の途についた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP