주요 기사 바로가기

「THAADを機に中国依存度減らし、品質・技術力で勝負を」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.24 16:25
0
1992年8月24日に韓国と中国が国交正常化して以降、両国は経済的パートナー関係に発展した。25年間に韓中貿易は約33倍に増え、中国は韓国の最大輸出市場に浮上した。しかし最近はTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備問題で交流が停滞し、先端技術分野で中国が韓国を急速に追い上げ、両国の経済関係は転換点を迎えている。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は韓中経済関係25年を迎え、発展案を模索するために座談会「ポストTHAAD時代、韓中の未来の協力を話す」を開催した。座談会にはキム・シジュン西江大国際大学院長、パク・グンテCJ大韓通運代表、ムン・イルヒョン中国政法大客員教授、ペク・クォンホ嶺南大経営大学長、ヤン・ピョンソプ対外経済政策研究院北京事務所長、ユン・ウォンソクKOTRA情報通商協力本部長、イ・ムンヒョン崇実大グローバル通商学科教授、李熙玉(イ・ヒオク)成均館大成均中国研究所長、ハン・ウドク中央日報中国研究所長、ファン・ジェウォンKOTRA北東アジア事業団長が参加した。

--その間、中国は韓国経済にとってどんな存在だったのか。

キム・シジュン氏=中国は韓国にとってチャンスであり幸運だった。単純賃加工工場を移し、素材部品産業を発展させながら、韓国産業の体質が改善した。しかしその結果、中国への依存度が高まった。それによる潜在的リスクがTHAAD事態で現実化した。

ハン・ウドク氏=1997年の通貨危機、2008年のグローバル金融危機を克服したのも対中国輸出が支えになった。問題はこれからだ。政治的リスクが迫れば、中国が韓国経済の友軍として残るという保証はない。

--THAAD問題による被害はどの程度か。

ヤン・ピョンソプ氏=貿易よりは投資、投資よりは観光と文化コンテンツの分野で被害が大きい。ロッテなど中国進出韓国企業は販売不振で苦戦している。自動車・携帯電話など消費財は協力会社にまで問題が及んでいる。

キム・シジュン氏=これらすべてを総合すれば韓国経済の成長率を約0.3%ポイント落とすと分析される。幸い、中国輸出は昨年より改善する見通しだ。THAAD問題が韓国経済に及ぼす巨視的な影響はまだ制限的だ。

パク・グンテ氏=長期的なリスクが心配だ。韓国製品に対するイメージが悪化する恐れがある。これまでは韓国商品に対する良いイメージのためプラスになる部分が多かったが、今後はむしろ悪いイメージで被害が生じることも考えられる。

--これまで中国への依存度が過度に高かった。

ヤン・ピョンソプ氏=THAAD問題によるプラスの部分もある。経済外的要因に影響を受けないほど強力な競争力を確保することが重要だという点を悟った。現地進出企業の遵法経営も重要だ。中国事業全般にわたり構造改革と戦略変化の契機になった。

ユン・ウォンソク氏=THAAD報復は、中国への依存度を減らして製品競争力の強化と体質改善の契機にしなければいけない。東南アジアなどに輸出路線を変更する努力も併行する必要がある。

ファン・ジェウォン氏=中国内で韓国企業と交流が多い地域・集団はTHAAD問題で被害が生じている。それだけ中国も韓国への依存度が少なくないということだ。中国が強硬姿勢を見せる時、韓国も触れれば痛いという「ハリネズミ戦略」を検討するべきだ。
「THAADを機に中国依存度減らし、品質・技術力で勝負を」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「THAADを機に中国依存度減らし、品質・技術力で勝負を」(1)

    2017.08.24 16:25
    뉴스 메뉴 보기
    KOTRAの主催で22日、韓中国交正常化25周年「ポストTHAAD時代」座談会が開かれた。左からイ・ムンヒョン崇実大グローバル通商学科教授、ハン・ウドク中央日報中国研究所長、ファン・ジェウォンKOTRA北東アジア事業団長、パク・グンテCJ大韓通運代表、ユン・ウォンソクKOTRA情報通商協力本部長、キム・シジュン西江大国際大学院長。
    TOP