주요 기사 바로가기

北メディア「制裁強まるほど軍事的対応も高まる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.19 11:03
0
北朝鮮のあるオンラインメディアが米国の対北朝鮮制裁をめぐり、「作用・反作用の法則」に例えながら制裁が強まるほど北朝鮮の対応レベルも高まると主張した。

北朝鮮社会科学院のキム・ウンチョル研究士はこの日、対外宣伝用ウェブサイト「朝鮮の今日」で、「作用と反作用が自然界の力学的法則なら、米国の挑発水位が高まるほど朝鮮(北朝鮮)の政治軍事的対応がより強力になるというのは朝米対決関係での力学的法則」と主張した。

続いて「21世紀の朝米対決過程を見てもそれを十分に知ることができる」とし、ブッシュ、オバマ元政権の事例に言及した。キム研究士は「ブッシュの強権と専横が朝鮮を核保有に向かわせたとすれば、オバマの政策は共和国にロケット技術をさらに向上させ、核弾頭の小型化、多種化に進ませ、それが米国の安全への脅威を増大させたというのは決して偶然でない」と指摘した。

続いて「トランプ大統領の極めて無謀な『最大限の圧力』も朝鮮が東方不敗の核強国、世界的なロケット盟主国であることを世界に向けて明確に立証する結果だけを招いた」と強調した。さらに「敵対視政策の撤回は誰かが強要するものではなく、朝米間の核対決が極限点に向かっている今日、米国が宿命として受け入れなければならない唯一の選択」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP