주요 기사 바로가기

愛犬の散歩道になった2014年仁川アジア大会メーンスタジアム、累積赤字63億ウォン(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.24 09:34
0
アジア大会を終えた後にスタジアムをどのように活用するのかあらかじめ計画を立てていなかったことが大きい。仁川市はメーンスタジアムを活用するため2015年5月に入札公告を出したが4回にわたり入札が成立しなかった。仁川市は昨年5月に年間賃貸料36億2000万ウォンで多目的コンベンションホールとビュッフェなどを運営する事業者としてフィエスタとRUフィットネスコリアのコンソーシアムを選定した。この施設は来年3月にオープンする。フィエスタのパク・ダルファ理事は、「ウェディングホールとビュッフェが入れば来年から賃貸収益を上げることができ、メーンスタジアム運営は黒字に転換される」と主張した。メーンスタジアムの赤字規模は2015年が34億ウォン、昨年が24億ウォンだった。ウェディングホールとビュッフェが入るというが、4700億ウォンをかけて新築したメーンスタジアムは空っぽの状態だ。スタジアムのトラックを中学・高校の陸上選手らがトレーニング場として使うのがすべて。フランチャイズチームのプロサッカー仁川ユナイテッドは天然芝が敷かれたメーンスタジアムの代わりに中区に位置した仁川サッカー専用スタジアムを使用中だ。

当初5万席規模の仁川文鶴(ムンハク)スタジアムを増築してアジア大会の開会式・閉会式の会場として活用しようという主張があったが、地域利己主義と政治的利害関係から黙殺された。仁川経済正義実践市民連合のキム・ソンウォン事務所長は、「文鶴スタジアムの構造上リモデリングに困難があったとはいうが、地域開発を望む西区住民と票を得たい政治家らの利害関係からメーンスタジアムを新築した」と話した。

◇「平昌、対策立てなければもっと大きな災難が来る」

匿名を要請した元仁川アジア大会組織委員会関係者は、「仁川市長が3回も替わる過程で政治的論理から建てられたメーンスタジアムが『最悪の失敗』という評価が組織委員会内部にもあった」と伝えた。仁川アシアードメーンスタジアムは西区住民たちの間でも悩みの種扱いを受けている。仁川市施設管理公団関係者は「2015年にK-POPコンサートが開かれた時は近隣住民たちから『うるさい』という抗議が激しかった」と話した。

メーンスタジアム以外の15カ所のスタジアムも赤字を免れないのは同じだ。テニスとスカッシュ競技を行うため1650億ウォンをかけて新築したヨルウムルスタジアムの場合、今年の予想赤字規模だけで約17億ウォンだ。

スタジアム運営主体も入れ替わりが激しい。人口6万人の江華に建てられた江華コインドル体育館は地域住民のための公益型として運営中だ。体育館を管理した江華高麗歴史財団は解散した。研究チームは仁川文化財団、施設チームは施設管理公団に分かれた。

仁川市松島(ソンド)に住むキム・ジョンミンさん(35)は「後で子どもたちが負債に耐えなければならないのではないかと心配になる。子どもが大きくなったら他の都市に住むのがいいのではないかと考えたりもする」と話した。参与予算センターのパク・ジュンボク所長は、「約10年後に施設がさらに老朽化すれば通信・電気・電子施設などを交換しなくてはならないが、この場合負担がさらに加重されるだろう。いまからスタジアムの事後活用案をめぐり細心な対策をまとめなければ平昌五輪は仁川アジア大会よりもっと大きな災難になりかねない。平昌は仁川を反面教師として確実な事後対策を立てなければならない」と話した。
愛犬の散歩道になった2014年仁川アジア大会メーンスタジアム、累積赤字63億ウォン(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP