주요 기사 바로가기

中国、「南北会談提案」に否定的立場示した米国に「妨害するな」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.19 07:18
0
韓国政府の南北軍事会談および赤十字会談の提案に対し、米国が否定的な反応を示すと、中国が「妨害をしてはならない」と迂回的に批判した。

中国の陸慷外交部報道官は18日(現地時間)、定例記者会見で「韓半島(朝鮮半島)の核問題をよく見てみると、これまでの成果はほぼ対話を通じて収めることができた」としながら「現在、各国が関係改善と韓半島情勢の緩和に積極的なメッセージは送っている。特に韓半島問題関連の当事国は理解と支持をさらに深めて努力していくべきで、これを妨害をしてはならない」と明らかにした。これは、ショーン・スパイサー米国ホワイトハウス報道官が17日(現地時間)、「その条件(対話をするための条件)と、いまわれわれが置かれている場所との間には明らかに距離がある」とし、まだ対話を始める環境が整っていないと明らかにしたことに対する中国の立場を確認する質問に対する回答だった。

陸報道官は「中国政府は昨日、南北両者が対話を通じて関係改善と和解への協力を推進していくべきだとの立場を表明した」としながら「われわれは国際社会のすべての関係国が南北の対話再開と関係改善に対して理解と支持を示し、韓半島問題解決のために建設的な役割をするように願っている」と付け加えた。

韓国の南北会談提案については「韓半島と北東アジアの平和安定維持は、国際社会、特に域内諸国の根本利益と長期的利益に合致する」とし「この目標を実行するために国際社会が北朝鮮の安保理決議違反行為に決然と反対する立場を表明すると同時に、和解と対話を促進しなければならない」と強調した。また「単に対抗して圧迫するのは緊張局面を刺激するだけだということが何度も立証された」と付け加えた。

一方、日本はこの日、「(会談提案は)日米韓首脳会談での北朝鮮圧力強化方針と矛盾しない」という政府の公式立場を出した。「今は圧力をかけるとき」と発言した岸田文雄外相の発言に一線を画した格好だ。

菅義偉官房長官は「韓国政府の提案は離散家族の対面と休戦ライン軍事境界線上の敵対行為の中止を目的とするもの」としながら「北朝鮮問題に対しては韓国と緊密に連携を図っている。日本は対話と圧力、行動対行動の原則を基に、北朝鮮に関する懸案の包括的な解決に向けて具体的な行動を強く求めていく」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、「南北会談提案」に否定的立場示した米国に「妨害するな」

    2017.07.19 07:18
    뉴스 메뉴 보기
    中国の陸慷外交部報道官(写真=微博)
    TOP