주요 기사 바로가기

サムスン電子、2億人が利用するPayPalとパートナーシップへ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.18 13:03
0
サムスンペイの使用者が米国でPayPal(ペイパル)のアカウントで決済できることになる。

サムスン電子は17日、PayPalと戦略的パートナーシップを締結したと明らかにした。PayPalは全世界で2億人以上が利用しているオンライン決済プラットホームだ。店舗でPayPalを使うためにはサムスンペイを使用できるスマートフォンのロック画面、ホーム画面などで画面を下から上にスワイプしてサムスンペイを実行した後、ペイパルをクリックして決済する。米国市場調査会社タレスによると、昨年10月、現地で米国人が最も多く利用しているデジタル決済手段は「PayPal(51%)」ということが分かった。サムスン電子のモバイル決済サービス「サムスンペイ(5%)」は6位となった。

サムスン電子は昨年初め、無線UX革新チームのチョン・スジン常務(45)と無線開発1室のオ・ビョンモク常務(47)など、PayPal出身の役員2人を起用した。利用者経験(UX)と利用者環境(UI)の専門家であるチョン・スジン常務は2001年、米総合メディア企業「タイム・ワーナー」のインターネット事業部門の子会社であるAOL(America OnLine)のUIデザイナーを務め、2004年PayPalの先任UIデザイナーとして入社した。その後、2011年までPayPalでモバイルをはじめとする多様なプラットホーム開発に参加した。チョン常務はソウル大学産業デザイン科を卒業し、米イリノイ工科大学(IIT)で修士号を取得した。

オ・ビョンモク常務は米シリコンバレーで経験を積み重ねてきた人物で、グラフィック専門家としてよく知られている。アクセンチュア・コンサルティングを経てモバイル広告会社「Where」の最高革新責任者(CIO)を務め、WhereがPayPalに買収されることでPayPalの首席データ科学研究員として1年以上務めた。オ常務は2013年、写真をベースにしたソーシャルネットワーキングサービス(SNS)である「Moju Labs」を共同創業した。オ常務はペンシルベニア大学(UPenn)でコンピュータ科学修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)でコンピュータグラフィック博士号を取得した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子、2億人が利用するPayPalとパートナーシップへ

    2017.07.18 13:03
    뉴스 메뉴 보기
    サムスンペイ。(写真=中央フォト)
    TOP