주요 기사 바로가기

米国放送・映画界の人種差別問題の中心に立った韓国系俳優(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.10 14:01
0
1/3
『征服者』でチンギス・ハン(テムジン)役を演じた米国俳優のジョン・ウェイン。「ホワイトウォッシング」の事例だ。
ホワイトウォッシング問題に対する反発として、米国ネットユーザーの間では「ジョン・チョーを主役に(Starring John Cho)」キャンペーンも広がっている。このキャンペーンは韓国系米国俳優ジョン・チョーをこれまでの映画作品のポスターと合成するパロディだ。アレック・ボールドウィンが「私はハリエット・タブマン(黒人奴隷解放運動家)だ」と話す短い動画を広めたりもした。

南カルフォルニア大アネンバーグ革新研究所の報告書によると、2016年基準で、映画・ドラマなどを含めた作品の登場人物のうち、アジア人の比率は5.1%に過ぎなかった。2014年のハリウッド映画163本を分析した米カリフォルニア大学の「2016年ハリウッド多様性分析レポート」でも、主演俳優のうち白人を除くマイノリティの比率は12.9%にとどまっている。

人種差別は韓国も例外ではない。特に「ブラックフェイス(Blackface・黒人扮装)」問題が時々起こる。ブラックフェイスは、19世紀に白人俳優が黒人に見えるように扮装したことに由来する表現で、その大体において黒人を滑稽に描写し、扮装そのものが人種差別の意味として受け入れられている。このためハロウィンでも黒人の扮装はしないのが暗黙的了解となっている。

韓国ガールズグループのMAMAMOO(ママムー)はことし3月の単独コンサートで、黒人歌手ブルーノ・マーズの物まねをすると言って黒人扮装をした映像を流したところ、国内外ファンから激しい抗議に遭った。

お笑い女性タレントのホン・ヒョニは4月、SBS(ソウル放送)のお笑い番組『ウッチャッサ!』で黒人扮装をして登場し、オーストラリア出身タレントのサム・ハミントンから「情けない」という批判を受けた。当時、お笑いタレントのファン・ヒョニはフェイスブックを通じて「シーカーマンズ(「色黒の人」を意味する、かつて人気を博した2人組韓国お笑い芸人)も人種差別か」と反発したが議論が続いたためコメントを削除した。

ハリウッドの人種差別は資本の論理と作品の製作構造、不公平な認識が一つになったものだ。莫大な資本が投入されるハリウッド映画の製作者の立場では、大衆が受け入れやすい白人俳優を中心にオファーすることになる。『ゴースト・イン・ザ・シェル』の脚本を引き受けたある人物は「アジア女優の中でA級と評価されるほどの人物がそんなにいない」と抗弁したりもした。テキサスA&M国際大学校言論心理学科のキム・ジュオク教授は「アジア俳優には機会そのものがそれほど多くなく、製作者が彼らより優位に立つ」とし「キャスティングの権限を持つショーランナーや作家、プロデューサーもほぼ白人なので、こうした問題が重く扱われることがない」と話した。

大衆文化評論家のチョン・ドクヒョン氏は「韓国内の放送関係者にも人種・性平等問題に対するグローバルスタンダードが必要だ」と述べた。


米国放送・映画界の人種差別問題の中心に立った韓国系俳優(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP