주요 기사 바로가기

<サッカー>Kリーグはアジア強豪という認識から変えるべき(2)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2017.06.02 10:58
0
サッカー専門解説委員は根本的に見直す時期だと声を高めている。資金力で勝てなければ他の方法を探すしかない。核心は「ユース」だ。

今からでも各球団がユース育成システムへの投資を拡大し、長期的な観点で選手団を運営する必要があるということだ。また、目の前の成績にこだわらずユース選手を積極的に試合に投入して経験を積ませるべきだという指摘が出ている。

ハン・ジュンヒKBS(韓国放送公社)解説委員は「現在各プロチームがユースチームを運営中で、20チーム以上ある。しかしその中で一定のレベルに達しているのは水原(スウォン)、浦項(ポハン)、全南(チョンナム)、蔚山(ウルサン)程度だ。各チームが育成システムに傾ける関心が弱い」と説明した。続いて「現在、欧州リーグはユースチーム別にリーグが活発で、盛大に大会を開催している。韓国U-20代表の8強入りを阻止したポルトガルも、ベンフィカなど屈指の名門チームに所属して欧州サッカー連盟(UEFA)ユースリーグで大活躍した選手で構成されている。優れた技術と実力を持っているのは当然」と分析した。

パク・ムンソンSBS(ソウル放送)解説委員は「Kリーグは制度的に若い選手を育成してリーグでプレーさせる環境を構築する必要がある。現在のユースシステムはもちろん成長の意志も弱まっている」と指摘した。かつて果敢に中学を中退してプロ行きを選んだ李青竜(イ・チョンヨン、29、クリスタルパレス)のような積極性もなく、リザーブリーグを活発に運営する熱意も消えた状態ということだ。パク解説委員は「いつまで『若い選手は実力がないので使えない』と話すのか。新人級の選手が実戦でプレーできない構造を解決できなければ韓国サッカーの今後は厳しい」と語った。
<サッカー>Kリーグはアジア強豪という認識から変えるべき(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP