주요 기사 바로가기

<ACL>済州-浦和の乱闘騒ぎ…韓国監督「敗者のマナーも必要だが、勝者のマナーも必要」

ⓒ 中央日報日本語版2017.06.01 11:34
0
Kリーグの済州(チェジュ)ユナイテッドは31日、埼玉スタジアム2002で開かれた浦和レッドダイヤモンズとの2017年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦の遠征試合で延長戦0-3で敗れた。24日、ホーム第1戦で2-0の勝利をおさめた済州ユナイテッドは、この日の敗北で統合スコア2-3に押されて8強進出が挫折した。

済州ユナイテッドの趙星桓(チョ・ソンファン)監督は試合後「(16強に進出した)唯一のKリーグチームだったが、期待に応えられなかった」とし、「良い結果とマナーを見せることができなかったことを申し訳ないと思っている」と伝えた。

済州ユナイテッドはこの日の競技終盤に浦和選手との乱闘騒ぎを起こした。特に、ベンチにいた控え選手たちまでグラウンドに出て乱闘騒ぎに参加した。済州ユナイテッド所属のペク・ドンギュ選手が相手選手を右腕で強く当たり退場された。

趙監督はこれに対して「敗者のマナーも必要だが、勝者のマナーも必要だ。強い勝負欲でフェアプレイに反した行動をしたことに対しては申し訳ない」と明らかにした。

衝突の原因については「正確なのは把握する必要がある。一方的な事故はないと思う。相互間のアクションと言葉があったため衝突が起きた。そのまま終わることもできたが、浦和選手が韓国のベンチ側を向いて勝利のセレモニーをしながら刺激をした」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ACL>済州-浦和の乱闘騒ぎ…韓国監督「敗者のマナーも必要だが、勝者のマナーも必要」

    2017.06.01 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    済州ユナイテッドの趙星桓監督。
    TOP