주요 기사 바로가기

【社説】韓国大統領選挙D-1、最後まで細かく確認して投票しよう

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.05.08 11:08
0
第19代大統領選挙日があすに迫った。4~5日に行われた事前投票の結果だけ見ると、これまで以上に今回の大統領選挙への熱気が熱く感じられる。全体有権者(4247万人)の26%を越える1107万人が票を投じ、過去の事前投票記録を更新した。だが、9日に集計される最終投票率も新記録を樹立するかどうかは不透明だ。事前投票で、湖南(ホナム)と世宗(セジョン)市の投票率が最も高かった反面、大邱(テグ)・慶北(キョンブク)の投票率は最も低かった。保守候補の分裂で保守有権者の相当数が揺れている以上、悩み悩んで結局投票をしない可能性があるという懸念を裏付けている。

自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補が7日、正しい政党脱党派を電撃的に復党させて、徐清源(ソ・チョンウォン)や崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)、尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)議員など「真朴」7人を復権させたことも保守層の失望と政治嫌悪を大きくしている。彼らは朴槿恵(パク・クネ)前大統領の「国政壟断」を黙認・ほう助することによって大統領弾劾という国家的危機を迎えるにあたり、その責任が小さくない人々だ。その結果がことし1月、自由韓国党が下した「3年間の党員権停止」だ。ところがそれから4カ月も経たないうちに「大統領選勝利のための保守結集」を言い訳に懲戒を解いたのだ。自由韓国党が保守に求められる最低限の道徳性と責任感も持ち合わせていないのではないかとの疑いが頭をもたげる。

徐々に佳境に入った文在寅(ムン・ジェイン)候補の息子ジュニョン氏の不正就職疑惑攻防も選挙嫌悪をあおっている。国民の党がジュニョン氏の「近い同僚」の音声変調ファイルを公開し、「疑惑が事実として明るみになった」と主張すると、共に民主党はファイルが偽物だとして検察に告発した。大統領選挙前日まで続く泥沼戦を見つめる有権者の心は複雑この上ない。民主党は疑惑をただ全否定するだけではなく、ジュニョン氏に直接釈明させて疑惑を払拭するべきだ。国民の党も自ら公開した音声ファイルが偽物だと告発された以上、その真偽をはっきりさせて論争を終息させなければならないだろう。

今回の大統領選挙は帝王的大統領制に象徴される「アンシャンレジーム」を廃止して協力政治の時代を開く「決定的選挙(critical election)」になるよう期待した。だが、蓋を開けてみると、ネガティブと偽ニュースが飛び交う低質選挙に転落した。「保守壊滅」「泥棒野郎のXXども」などのような卑劣な言葉が行き交い、テレビ討論さえも政策競争ではなく人身攻撃一色だった。

候補が雇用や両極化、少子化など国の将来がかかったイシューをめぐり公約を相次いで打ち出したが、印象に残るものがあまりないのもこのためだ。

それでも有権者は今後5年間、国を誰に任せるのかをめぐり非常に貴重な一票を必ず行使しなければならない。大統領弾劾と突発大統領選挙で引き裂かれた社会を統合し、大韓民国を新しく飛躍させるためにも、投票場に行かなければならない。投票率という数値も重要だが、投票の質はさらに重要だ。今からでも候補の公約を冷徹かつ合理的に確認し、少しでもマシだと判断される人を選ばなければならない。口先だけが達者な無能な大統領を選んで国がさらに苦境に立たされることになれば、これは結局国民の責任になる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP