주요 기사 바로가기

【コラム】空母とミサイルの間、韓国はない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.04.18 09:20
0
韓半島最大の危機の前にいったい私たちは何をできるのか? 空母とミサイルに、どうか大統領選挙までは耐えてくれということもできず、例え大統領が選ばれるとしても彼が事態をさらに絡まらないようにするという確信もない。戦雲が押し寄せるこの厳酷な時間にてんてこ舞いする政府、国民は茫然自失するだけだ。なので、どうか2つだけでもしてほしい。

最初に、黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行に訴える。外国駐在韓国大使と各国駐韓大使の非常合同会議を開催し、韓半島の武力衝突は人類史の災難であることを宣言してほしい。中国とロシアに北朝鮮をひざまずかせるよう訴えてほしい。例えその呼び掛けが受け入れられなくても戦争を防止するすべての手段を活用しなければならない。米国と中国に特使団を送り水面下の交渉などできるすべてのことを探しただちに実行してほしい。ティラーソン米国務長官と楊潔チ中国国務委員がホットラインで何か協議するほど事態は緊迫する。オルブライト元国務長官が米朝交渉のために立ち上がろうとしているところに、なぜ韓国政府は手をこまねいているのか。国民には傍観する政府、無気力な政府、そのものだ。

2番目に、大統領選候補も安保票を売ろうと無駄な口論ばかりせずに、「戦争防止合同声明書」を作成してすぐに発表してほしい。戦争が目の前なのに政策競演大会に何の意味があるのか。すでに発令された戦争警報はさておき安保大統領を自任するのが児童学芸会のように退屈に見えていう言葉だ。どれほどなら米副大統領が烏山(オサン)基地にあわてて駆けつけるだろうか? 信じて相談する相手がいないので米国も死にそうな状況だ。

大統領、政府、国会、言ってみれば国が遂行する最大の任務は国民の財産と生命を守ることだ。シリアの惨状を見なかったのか。戦争が勃発すれば少なくとも1000万人以上が野生の動物のように死ぬことになるのに、強大国の戦艦が韓半島外洋に集まり武力衝突を準備している状況で国会と政党は大統領選挙に余念がなく、政府は遠くに座って傍観している。141年前に汽船の前で朝廷は慌てふためいた。空母とミサイルの間に、いったい国はどこにあるのか?

ソン・ホグン/中央日報コラムニスト、ソウル大学教授


【コラム】空母とミサイルの間、韓国はない(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP