주요 기사 바로가기

北朝鮮国連次席大使「最も強硬な対抗措置を取る」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.04.18 09:11
0
「米国が挑発に踏み切る場合、最も強硬な対抗措置(the toughest counteraction)を取る」

北朝鮮のキム・インリョン国連次席大使は17日(現地時間)、米国ニューヨーク国連本部で記者会見を行って米国が主導する挑発に強力な措置を取ると明らかにした。キム国連次席大使は「万一、米国が先制攻撃、本部の除去などを目的に挑発に踏み切る場合、北朝鮮は米国が望むいかなる方式の戦争にも対応する準備ができている」と強調した。

キム国連次席大使のこのような強硬な発言は、米国の主導で韓半島(朝鮮半島)の緊張がますます高まっていることに対する対応と見られる。ドナルド・トランプ大統領は「現在の米軍の戦力は歴代最高」と警告したことに続き、訪韓中のマイク・ペンス米副大統領が非武装地帯(DMZ)で「戦略的忍耐の時代は終わった」と述べ、北朝鮮にますます圧力をかけている状況だった。北朝鮮の選択は強攻だった。キム国連次席大使は「挑発の結果にともなう災難に対しては、すべての責任が米国にある」と声を高めた。

北朝鮮の核開発計画に対して「米国のあくらつな核脅威に対応する自衛権であり、米国の刺激にともなう措置」として「メディアが偏見を捨てて北朝鮮の核問題の本質を見抜いてほしい」と話した。「6回目の核実験に踏み切る計画か」という質問に対し、彼は「北朝鮮の指導部が決める問題」とし、「必要だと判断される時点に指導部が決定を下すだろう」と述べ、核開発をやめない意向を明らかにした。それと同時に「北朝鮮の核保有は、米国の敵対的な対北朝鮮政策に対する結果」としながら「核保有自体は交渉のテーブル上に上げる問題ではない」と釘を刺した。

また、キム国連次席大使は、米国に向かって「韓半島を世界最大の紛争地に作っている」とし「核戦争が勃発する可能性がある危険な状況を米国が助長している」と批判した。

28日、レックス・ティラーソン米国務長官の主宰で開かれる北核関連国連安全保障理事会(安保理)の会議に対しても「核に対する二重的な基準を持っている米国が議長国という理由で北核だけを問題視しようとする、そのようなプログラム自体をわれわれは拒否する」と話した。

韓国軍と米軍の韓米合同演習に対しても「最も攻撃的戦争演習」と非難し、直ちに中断を要請した。キム国連次席大使は「韓国と米国の合同演習は過去40年間、毎年の恒例となっている演習という理由をつけている」とし、「40年前には北朝鮮が核を保有していなかった。米国が敵対政策をどれほど長く維持してきたかを明確に示す証拠」と猛非難した。

北朝鮮代表部の記者会見後、ステファン・デュジャリック国連報道官は最近、韓半島の状況に対して「懸念する」とし、「北朝鮮は緊張を緩和し、非核化に向けて対話に復帰するのに必要なすべての措置を取ること」を要求した。

一方、北朝鮮外務省欧州2国のキム・ソンギョン局長はこの日、ロイター通信とのインタビューで「誰かが自身の家や家族を攻撃すれば、誰が手をこまぬいていられるだろうか」としながら「先制攻撃が米国だけの専有物でないことを明らかにしたい」と話し、北朝鮮も先制攻撃を考慮していることを示唆した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮国連次席大使「最も強硬な対抗措置を取る」

    2017.04.18 09:11
    뉴스 메뉴 보기
    17日、国連本部で記者会見をしている北朝鮮のキム・インリョン国連次席大使。
    TOP