주요 기사 바로가기

【中央時評】朴槿恵氏だけが知らない朴槿恵氏の運命(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.29 11:33
0
韓国ドラマ『砂時計』の検事役のモデルだった洪準杓(ホン・ジュンピョ)慶尚南道(キョンサンナムド)知事は、検察をよく知っている。彼が「今検察はただ一人の顔色をうかがっている」とし、「その人が〔朴槿恵(パク・クネ)氏〕の拘束を求めれば拘束するだろう」とした。メディアはこの発言を聞いて「その人」と書いて「文在寅(ムン・ジェイン)」と読んだ。検察が次期権力1順位の顔色をうかがっているということだ。朴槿恵前大統領は検察捜査の際、7時間もこまめに調書を直したという。拘束は恐ろしいようだ。過去一年を振り返ってみれば、朴槿恵氏は自身が聞きたいことだけに耳を傾け、「確証偏向」に陥っていたようだ。弾劾の時も憲法裁判所が棄却させるだろうという間違った報告にだまされた。今回も周りから「不拘束」「令状棄却」とささやかれている雰囲気だという。冷静に考えれば、“希望拷問”に他ならない。

まず、文在寅氏本人は「大統領候補として朴槿恵氏の拘束の可否を言及するのは不適切」として一線を画した。戦略的曖昧性を貫く立場だ。だが、彼の本音を読むためにはソウル大学の曺国(チョ・グク)教授のことを考える必要がある。文在寅氏周辺の秋美愛(チュ・ミエ)氏、ヤン・ジョンチョル氏、宋永吉(ソン・ヨンギル)氏、文盛瑾(ムン・ソングン)氏などが小技に長けているなら、曺国教授は進歩の再執権に向けて大きな絵を描く方だ。『進歩執権プラン』を打ち出した2012年大統領選で文在寅氏を公開的に支持し、文在寅氏もその後曺国教授が設計した道に沿って歩んできた。

昨年の総選挙で文在寅氏は「湖南(ホナム)地域の支持を受けられなければ、政治をやめる」という約束に足を引っ張られた。この時、曺国教授は「約束を重視する文在寅氏、政治的潔癖症から抜け出せ」として手を伸ばし、文在寅氏は黙々と従った。彼は弾劾とろうそくの局面の際、総設計士だった。「特検を早く構成せよ。『第三者贈収賄罪』が核心だ」「日が昇れば人間の帯で、日が沈めばろうそくで(大統領府を)かばおう」…。彼がツイッターやフェイスブックに書き込んだ指針は間違いなく現実になった。曺国教授は具体的事件にも決定的なアドバイスを行った。李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン副会長の令状が棄却されてから、特検に向かって「落ち込むな。捜査を補強して令状を再請求せよ」と呼びかけ、結局貫徹させた。このような曺国教授がこの度、朴槿恵氏に対して驚くべき予言をした。「100%拘束で、裁判所に行けば重刑が下されるだろう」
【中央時評】朴槿恵氏だけが知らない朴槿恵氏の運命(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP