주요 기사 바로가기

【時視各角】ろうそく革命の副作用が心配だ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.28 15:38
0
脱イデオロギーの世の中になった最近、理念は春のかげろうのようにはかないものになった。ちょうど100年前の1917年、ロシアではルネサンス・新大陸発見に匹敵する2つの重大な事件が続いた。帝政ロシアを倒して専制君主ニコライ2世を追い出した「2月革命」、そして8カ月後に共産体制を誕生させた「ボルシェビキ革命」がそれだ。

この地でも100年前のロシアを研究する若い革命家があふれたことがあった。文在寅(ムン・ジェイン)氏、安熙正(アン・ヒジョン)氏、沈相ジョン(シム・サンジョン)氏ら運動圏出身の大統領選候補が青年だった1970、80年代だった。暗い部屋で『解放戦後史の認識』 『転換時代の論理』そして『ロシア革命史』のような禁書であり必読書を耽読し、社会変革を夢見た。

数人の過去の革命家は大統領を狙う大物に成長した。しかし今は誰もロシア革命の反すうはさておき、これを記憶しようとしない。プーチン大統領が嫌うとしてロシアでも2月革命を称えない。韓国で忘れられるのも無理はない。

それでも剥製になったロシアの歴史をあえて取り上げるのは、この古い2月革命が崔順実(チェ・スンシル)事件から始まったろうそく革命と少なからず似ているからだ。偶然にも両事件で追い出されたニコライ2世と朴槿恵(パク・クネ)前大統領には共通点が多い。ニコライ2世は朴前大統領に劣らず国民はもちろん臣下とも壁を作って過ごした人物だ。臣下の引き止めを無視して第1次世界大戦に飛び込み、国民に塗炭の苦しみを与えた。背後の人物によって国政壟断が強行されたという点も似ている。朴前大統領が崔順実(チェ・スンシル)被告によって操縦されたように、ニコライ2世はラスプーチンの操り人形だった。さらにニコライ2世は皇太子だった1891年、日本を旅行し、ロシアを憎悪する侍の襲撃を受けて頭を斬りつけられた。一命を取りとめたが、これによってニコライ2世は生涯、日本人を「猿」と呼んで軽蔑した。朴槿恵前大統領も2006年、カッターを持った男の襲撃を受けて顔に傷を負った。朴前大統領がろうそくデモに象徴される国民的な抵抗によって弾劾されたように、ニコライ2世も怒ったロシア国民が主導した2月革命によって権力の座から追い出された。
【時視各角】ろうそく革命の副作用が心配だ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP