주요 기사 바로가기

韓国、宇宙開発ロードマップを発表

ⓒ 中央日報日本語版2017.02.23 13:04
0
韓国政府が今年、韓国型発射体の開発、月探査に向けた月軌道線の設計、人工衛星の独自開発などに計6703億ウォン(約666億円)の予算を投じることにした。

22日、韓国未来創造科学部は12関係部署が合同で第26回宇宙開発振興実務委員会を開催し、「大韓民国200大重点宇宙技術開発ロードマップ」をまとめた。独自の宇宙開発を推進するための自力発射能力の確保という意味で韓国型発射体開発はもちろん、月探査に必要な月軌道線の詳細設計、米航空宇宙局(NASA)との宇宙開発協力などに2910億ウォンを使う。

また、多目的実用衛星6・7号、次世代中型衛星1号、静止軌道衛星2A・2B号の開発など人工衛星の独自的な開発にも2184億ウォンを投資する予定だ。未来創造科学部は、これに向けて2030年開発完了を目標に「200大重点宇宙開発技術」を選定した。これには衛星全体のシステム設計技術、衛星に搭載する各種観測および通信搭載体技術、光学分光器、衛星再進入技術などが含まれている。

未来創造科学部のホン・ナムギ第1次官は「宇宙技術開発ロードマップは主要宇宙先進国に比べては遅れたが、宇宙分野におけるコア技術確保の枠を整えたという意味がある」と述べ、「今後も宇宙開発に対する長期的なビジョンおよび挑戦精神と共に明らかな目標意識を持って推進していきたい」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP