주요 기사 바로가기

韓国環境団体、「日本から輸入したイルカ斃死」責任者告発へ

ⓒ 中央日報日本語版2017.02.22 06:24
0
韓国蔚山(ウルサン)南区庁が日本から輸入したイルカが5日で死んだこととに関連し、環境団体が責任者の告発を示唆した。

複数の環境団体で構成された「蔚山南区庁イルカ輸入反対共同行動」側は20日、「ソ・ドンウク南区庁長とキム・ソクド長生浦(チャンセンポ)クジラ博物館長、ソ・ジンソク蔚山広域市南区都市管理公団理事長3人を動物保護法と野生生物保護および管理に関する法律違反容疑で21日に告発する」とその立場を明らかにした。

団体は「過去に体験館で死んだイルカは狭い水槽に閉じ込められて病気や感染などで死んだが、今回死んだイルカの死因は外部からの衝撃による血胸(胸腔内に血液がたまった状態)」としながら「イルカの管理・監督を引き受けた蔚山南区庁の直接的な過失が斃死を誘発した」と伝えた。

 
これに先立ち、蔚山南区の長生浦クジラ生態体験館では、9日に日本から輸入したイルカ2頭中1頭が輸入から5日で死んだ。クジラ生態体験館は過去にも5頭のイルカが死んだ事例がある。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国環境団体、「日本から輸入したイルカ斃死」責任者告発へ

    2017.02.22 06:24
    뉴스 메뉴 보기
    動物保護団体のメンバーがイルカ輸入糾弾集会を開いている(写真=中央フォト)
    TOP