주요 기사 바로가기

韓国の「仏像判決」 韓日関係に新たな悪材料

ⓒ 中央日報日本語版2017.01.27 08:22
0
対馬の寺で盗まれて韓国に持ち込まれた仏像を忠清南道瑞山(ソサン)の浮石寺(ブソクサ)に引き渡すよう命じる韓国裁判所の判決が出たことに関連し、韓国・日本メディアは韓日関係に悪影響を及ぼすと予想した。

韓国の聯合ニュースは26日、「最近悪化している韓日関係にもう一つの変数になるとみられる」とし「少女像葛藤、独島(ドクト、日本名・竹島)をめぐる葛藤に続いてもう一つの荷物が生じた」と伝えた。

朝日新聞もこの日、「浮石寺への引き渡しが命じられたことで日韓関係がさらに悪化するのは避けられなくなった」と伝え、毎日新聞も「日本政府は対馬市の観音寺への早期返還を継続して働きかけており、判決を受けて韓国政府が控訴せずに浮石寺に引き渡せば、日韓関係をさらに悪化させる要因になりそうだ」と報じた。

大田地裁はこの日の判決で「現在文化財庁が保管中の仏像に対する現場検証などを通じて、仏像は浮石寺の所有と十分に認められると推定される」と明らかにした。続いて「歴史・宗教的価値を考慮すると、仏像の占有者は原告である浮石寺に引き渡す義務がある」とし、浮石寺が韓国政府を相手に提起した観世音菩薩坐像引き渡しを求める訴訟で原告の請求を受け入れた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP