주요 기사 바로가기

【コラム】拒絶の外交ドラマ=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.05 13:36
0
フランコ時代は暗い。彼のファシスト強圧統治と内戦時の残酷行為のためだ。一方で彼の実用主義外交は際立って見える。当時のフランコは頭が切れた。英国は危機に置かれていた。便乗の利益も大きかった。だが、彼の状況分析はヒトラーとの間に距離を置かせた。彼は細密に計算した。「知彼知己」の冷静さだ。スペインと相手国を取り巻く環境や国力を点検した。英国首相チャーチルの抗戦意志を分析した。フランコは結論を下した。「英国は屈服しない。米国が英国と手を結ぶ。ドイツはまだ勝利していない」。第2次大戦の結末はフランコの判断そのままだ。最終勝者は英国だ。フランコが参戦を選んでたらどうなっていただろうか。スペインの運命は分裂に向かっていただろう。敗戦の苦痛の中で割れていただろう。分離はバスクとカタルーニャ地方の独立だ。

2017年は「超不確実性時代」だ。トランプと習近平の覇権争いが始まった。朴槿恵(パク・クネ)政権は破綻状態だ。外交の対応姿勢は虚弱化した。金正恩(キム・ジョンウン)の新年の辞は威嚇的だ。彼は「大陸間弾道ロケット(ICBM)の試験発射準備事業が最終段階」と主張した。THAAD(高高度ミサイル防衛)体系の星州(ソンジュ)配備はことし9月ごろだ。

中国のTHAAD反対は執拗だ。中国の経済報復はその水準を高めている。THAADは死活的な防御手段だ。韓米同盟の新たな象徴だ。中国のTHAAD撤回要求は受け入れることはできない。だが、対話の条件はある。それは北朝鮮の核の野心打破に中国が確実に参加することだ。これまでの中国の北朝鮮制裁は“ふり”にとどまっていた。拒絶のメカニズムは精巧でなければならない。拒否は交渉技術の核心だ。その技量はトランプとの在韓米軍分担金交渉に適用することができる。

アンダイエでスペイン国境を越える。パンプローナ(Pamplona)がある。車で南に1時間ほどのところだ。ここは闘牛と牛追い祭りで有名だ。小説家アーネスト・ヘミングウェイの作品の舞台にもなった都市だ。ヘミングウェイは闘牛士の真の瞬間を追った。牛の急所を刺す状況だ。本当の瞬間は強烈な外交ドラマを作る。それは知彼知己が絶頂を成し遂げた時だ。

パク・ボギュン論説委員
【コラム】拒絶の外交ドラマ=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP