주요 기사 바로가기

韓国産の世界一流商品739件、うち53%が中小企業の製品(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.29 13:37
0
ただし、一部の製品の場合、漁夫の利で世界一流商品になったという分析もある。韓国企業が大量に売って市場シェアを拡大したのではなく、世界市場規模が縮小したためシェアが高まったケースなどだ。実際、韓国貿易協会によると、昨年の韓国の輸出規模は5268億ドル(約637兆ウォン)と、2014年(5727億ドル)に比べ8%減少した。しかし、漁夫の利で世界一流商品に選定されたとしても長期的にみて韓国企業にプラスになるというのがイ氏の分析だ。市場縮小でライバル企業が停滞する間、韓国企業がリードする機会になるからだ。

業種別には電気・電子・半導体部門(21件)で世界一流商品が最も多い。パトロンはスマートフォンに装着して映像を撮影できるスマートフォン部品、ジニーテックは焦点が自動調節される携帯用顕微鏡が一流商品だ。

保健産業(20件)分野の一流商品には筋肉痛を緩和する振動器(ヨンイルエム)、リウマチなどによる痛みを緩和する消炎鎮痛剤(韓国ユナイテッド製薬)、電動式関節運動器具(ソンドエムシー)などがる。このほか輸送機械(9件)、繊維・生活用品(9件)でも韓国企業が多くの一流商品を保有している。韓国式チキン(バボス、ジェイケイグローバル)、甘辛味鶏から揚げ(デデエフシー)、ユッケジャン(エベレット)、のり巻き(ヤムセム)、デザート(マックスワンインク、フーズタイル)などフランチャイズ企業の食品輸出も多数含まれた。

カン・インス現代経済研究院長は「突破口が必要な状況で輸出の大半を大企業に依存する状況は望ましくない。迅速な意思決定が必要な分野を中心に中小企業を育成する必要がある」と述べた。また「着実に一つの井戸を掘り続けて世界的な競争力を備えた『強小企業』を選別し、海外マーケティングなどを持続的に支援するのがよい」と述べた。
韓国産の世界一流商品739件、うち53%が中小企業の製品(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP