주요 기사 바로가기

韓国空軍主力機がさらに強化…F-16戦闘機30機をアップグレード

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.20 13:06
0
韓国空軍の主力機であるF-16戦闘機がさらに強くなった。韓国空軍は19日、F-16戦闘機の性能アップグレードを終え戦力化を完了した。F-16戦闘機は1986年からピースブリッジという事業名で米国から持ってきた。当時30機余りを米国から直接導入し、その後韓国で生産した100機余りのKF-16戦闘機とともに韓国空軍の主力戦闘機として活躍してきた。北朝鮮空軍の最も優れた戦闘機であるMIG-29と比べても引けを取らない性能で対北朝鮮抑止力にも寄与してきた。

しかし導入から20年が過ぎ航空電子装備が古くなり、中距離空対地ミサイルやGPS精密誘導爆弾など最新兵器を装備できない問題が提起されてきた。空軍関係者は「現代戦は他の戦闘機との情報交流や精密爆撃が勝敗を分ける。韓国空軍が保有するF-16はこうした点で限界があり、アップグレード事業を進めた」と話した。

空軍は2009年11月に米ロッキードマーティンと性能改良事業契約を締結した後、2012年5月から技術支援を受け空軍軍需司令部航空整備廠でF-16PBUという名称で改造作業を始めた。空軍関係者は「2013年10月に性能改良1号機の戦力化をはじめ、30機余りの性能改良を成功裏に終えた。空軍自らの改造を通じ約200億ウォンに達する国防予算削減とF-16系列航空機に対する改造能力向上という具体的な成果を上げた」と説明した。

これに伴いF-16は中距離空対空ミサイル(AIM-120)と空対地精密誘導爆弾(GBU-31・JDAM)を装着して精密打撃能力を確保した。また戦術データリンク(Link-16)を搭載しリアルタイムで戦場の状況を共有できるようになった。

空軍はピースブリッジの後続事業として、韓国で生産し実戦配置してから20年が過ぎたKF-16戦闘機にも多機能位相配列(AESA)レーダーを搭載するなどのアップグレード作業を進める予定だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国空軍主力機がさらに強化…F-16戦闘機30機をアップグレード

    2016.12.20 13:06
    뉴스 메뉴 보기
    韓国空軍の主力機であるF-16戦闘機がアップグレードを終え19日戦力化を完了した。F-16は中距離空対空ミサイル(AIM-120)と空対地精密誘導爆弾(GBU-31・JDAM)を装着して精密打撃能力を確保した。(写真=韓国空軍)
    TOP