주요 기사 바로가기

イージス艦、KF-16と合同作戦の核心機密がハッキングで流出=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.10 09:21
0
韓国軍が実戦で使う戦術通信網運営体系に関連する主要情報が2年前にハッキングで流出し、軍捜査機関が捜査中であることが確認された。流出した情報の中には海軍の最精鋭戦力であるイージス艦の関連内容も含まれていた。

こうした事実は国会国防委員会の宋泳勤(ソン・ヨングン)議員(セヌリ党)が最近、国軍機務司令部から入手した資料で確認された。この資料によると、2013年5月にサムスンSDSなど国内の防衛産業関連2社が電算システムをハッキングされた。当時2社が開発に参加した軍戦術網ネットワーク体系と戦術指揮統制自動化体系(C4I)関連情報がハッキングされたということだ。

国軍機務司令部が確認した被害内訳は▼イージス艦合同戦術データリンクシステム開発ソースコード▼海軍C4Iテーブル構造テキストファイル▼地上戦術C4I二次性能改良関連体系要求試験明細書--など。ほとんどが軍の統合戦術を支援するネットワーク技術だ。

軍の専門家は「イージス艦の合同戦術データリンクシステムソースコードがハッキングされたのは特に深刻な問題」と指摘した。現代戦では各軍が確保した情報をリアルタイムで共有・統合・運用するネットワーク技術が重視される。敵の攻撃に機敏に対応して目標物を精密打撃するためだ。

先月の北朝鮮軍の地雷挑発当時、陸軍だけでなく空軍基地からF-15Kなど戦闘機が出撃したのもこうしたシステムの運用の結果だ。国防安保フォーラムのヤン・ウク研究委員は「ソースコードは該当システムの運営方式が分かる核心情報」とし「悪性コードを埋め込んで自分たちが望むように作戦調整を妨害することもできる」と述べた。

別の軍関係者は北朝鮮軍の潜水艦や高速ゴムボートが韓国の領土に侵入したのに対抗し、海軍イージス艦や空軍KF-16など戦闘機が出撃した場合を例に挙げ、「誰がどの区域を引き受けてどのように攻撃するかを調整するが、その内容を敵が入手すれば不覚を取るしかない」と話した。

軍のC4I性能改良関連情報が流出したのも大きな問題と指摘される。C4Iは指揮(Command)、統制(Control)、通信(Communication)、コンピューター(Computer)、情報(Intelligence)の頭文字を組み合わせた言葉だ。各軍の武器・戦略・行政など各種情報を扱っているため規模がぼう大だ。防衛事業庁は5月、「海軍C4I性能改良研究開発事業」を発注し、事業費を1472億ウォン(約150億円)とした。

国軍機務司令部がハッキング勢力のIPアドレスを追跡した結果、中国でハッキングが行われたことが把握された。宋泳勤議員は「ハッキングをした集団は北か中国である可能性が非常に高い。もし北ならわが軍の防衛体系に脅威となるかもしれない」と述べた。

実際、北朝鮮軍は対南工作を担当する偵察総局の傘下に大規模なサイバー戦士部隊を運用している。そのほとんどが中国を舞台に活動する。国軍機務司令部によると、韓国軍と在韓米軍に対して一日平均5000件余りのハッキングの試みがあるという。

国軍機務司令部は該当企業に対して警告し、セキュリティーシステムを改善した。軍の関係者も「さらなる被害が発生しないよう必要な措置を取った」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イージス艦、KF-16と合同作戦の核心機密がハッキングで流出=韓国

    2015.09.10 09:21
    뉴스 메뉴 보기
    国軍機務司令部が確認した軍需企業ハッキング被害内訳
    TOP