주요 기사 바로가기

KOTRA「日本の医療市場が急成長…韓国企業の進出機会拡大するだろう」

ⓒ 中央日報日本語版2016.11.29 08:40
0
韓国企業は急成長する日本ヘルスケア市場に着目すべきだという分析が出てきた。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は28日、医療・ヘルスケア産業のグローバル進出のための解決法として報告書「第4次産業革命時代、日本の医療・ヘルスケア産業:韓日経協方案および対日進出戦略」を発刊した。この中でKOTRAは第4次産業革命時代に備えてICTと活発に融合している日本の医療・ヘルスケア市場に着目しなければなければならないと指摘している。

報告書によると、日本は医療情報を効率的に活用することができるように段階別に制度を改善し、不必要な規制を持続的に緩和することに重点を置いている。これによって新しいビジネスモデルが次々と登場し、患者の健康状態や病気を察知・管理する技術と製品が商用化された。オーダーメード型医療サービスや在宅・遠隔医療事業も本格化した。

報告書は日本市場での攻略が見込める有望分野としてICT技術が融合した生体現象計測・診断機、医学映像情報システムやインプラント製品を挙げた。進出戦略に関しては「日本の複製医薬品・バイオシミラーの普及拡大政策が韓国企業の進出機会を拡大させるだろう」としながら▼医療機器承認に関する韓日相互認証協定の締結▼韓日クラスター間の協力▼人材育成・人的交流を通した技術協力--などを提案した。

KOTRA関係者は「第4次産業革命時代の医療・ヘルスケア産業はICTと融合を通じて医療費の支出をおさえることができ、健康寿命の延伸と新産業創出の牽引役としても期待が高い」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP