주요 기사 바로가기

【社説】「市民革命」の前に立った大統領、「秩序ある退陣」を決断せよ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.28 15:39
0
寒さも降りしきる雪も、怒った民心の前では何の障害物にもならなかった。先週末190万人(主宰側推算)が朴槿恵(パク・クネ)大統領の下野を求めて集まったろうそくデモは、世界史に長く残る成熟した名誉ある市民革命の極点を見せた。特に、過去初めて青瓦台(チョンワデ、大統領府)の200メートル前まで迫ったデモ隊の叫び声は、民声に耳をふさぎ大統領の座にしがみつくことで一貫してきた朴大統領にもはっきり聞こえたことだろう。

今や朴大統領は、これ以上避けることのできない「運命の一週間」を迎えることになった。野党圏は朴大統領の弾劾を早ければ4日後の来月2日、遅くとも10日後の来月9日に断行するとしている。セヌリ党内でも弾劾に賛成する議員が40人を超え、弾劾案が国会を通過する可能性がますます高まっている。

それでも朴大統領は微動だにしない。「ろうそくは時間が経てば消えるもの」という計算による行動ならば、これ以上誤った判断も他にない。過去5週間で燃え上がったろうそくは、奪われた主権を回復しようとする国民の革命的叫びだ。一介の私人である崔順実(チェ・スンシル)と国政最高責任者の朴大統領がひとつになって国政を壟断した前代未聞の国恥を民主主義の名で断罪し、このような超大型犯罪を可能にしたアンシャン・レジーム(旧体制)を含めて総体的に改革せよとする民心の歴史的要求だ。

朴大統領がろうそくに込められたこのような厳重な国民の意思を無視して、偶然の幸運を願いながら時間稼ぎ用の背水の陣を敷くなら、結果は破局しかない。朴大統領は先週検察が自身を国政壟断の主犯と規定するや、弁護士を通じて「人格殺人」のような言葉を通じてこれを非難し、「捜査に協力する」としていた国民との約束まで覆してしまった。自身があれほど重用してきた検察の捜査結果まで拒否する自己矛盾と居直りに、民心の怒りがさらに激しくなったのは当然だ。一昨日、朴大統領の支持率が4%まで落ち込んだのはこのためだ。それでも朴大統領は「いったい私の何が間違っていたのか」と言って対抗するとは呆れて物が言えない。

朴大統領には今週が事実上、最後の機会だ。「憲政史上、初めて弾劾された大統領」という汚名を被りたくなければ、1回目の弾劾デッドラインである来月2日前に「辞任予告」宣言をするべきだ。本人の不名誉という以前に、国のことを考えても勇断を下さなければならない。弾劾は憲法裁判所の最終決定までは最長6カ月が必要で、国政空白の長期化と政治的混乱が起こるおそれがある。したがって朴大統領は今週中に国民向け談話を通じて具体的な日程を下野時点として提示しなければならない。そうすれば弾劾という最悪の事態を避けながら与野党の次期大統領出馬者たちが大統領選挙を準備する時間を稼ぐことができる。大統領選挙までの国政も国会が推薦した責任首相が管理して混乱を最小化する道が開かれる。李洪九(イ・ホング)元首相ら元老も27日の時局会合で来年4月までに下野するよう求めたではないか。

これさえも拒否するようなら、朴大統領は弾劾手続きによって強制的に追放されるという最悪の状況に直面するだろう。不幸な事態を避ける道は大統領本人の決断による「秩序ある退陣」のみだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP