주요 기사 바로가기

<崔順実ゲート>韓国のスターが朴大統領に対する所信を表明

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.11.22 09:48
0
俳優のチョン・ウソン、カン・ドンウォン、歌手のユン・ジョンシン、イ・スンファン、ユン・ドヒョンなどスターが最近、国政壟断事件について所信を表明し、注目を集めている。

チョン・ウソンは21日、混乱した時局に関連して映画『阿修羅』のシーンのパロディを見せた。『阿修羅』ファン団体観覧会に出席し、「パク・ソンベ、外に出てこい!」というセリフを叫ぶ場面を「朴槿恵、前に出てこい」に変えた。カン・ドンウォンは映画『隠された時間』の試写会で「空席が多いが、悪くはない」と話し始めた。この日は3回目のろうそく集会(11月12日)と日程が重なり、当時ソウル広場と光化門(クァンファムン)広場には約100万人の人々が心を一つにしてろうそくを持っていた。

ユン・ジョンシンはインスタグラムに「普段は『敏感な政治的イシューに性向を表すのは控えよう…静かに支援しよう』が私のモットーだったが、私のような人間の消極的な表現や沈黙が破廉恥な人々によって悪用されることもあるという考えと、決定的には子どもたちが生きていく世の中がより良くなり幼稚なものにならないためにもう少し積極的に助けたいという考えで、少し正直になることにした」とコメントした。続いて「これは何も敏感なイシューでもなくて本当に…ただ私が好きでない善悪の区別が明確な構成が非常にお粗末な見え見えの映画のようだ…長く見るにはきまり悪い映画、映画館に間違えて入って無駄にした映画、つまらなくていらいらする。悪人が審判を受けてこの映画を早く終わらせよう。全国民の感覚が鈍るから、早く良い次の映画を作ろう。2作連続で失敗したので次はうまく作る時です。監督様」とし、朴槿恵(パク・クネ)政権と李明博(イ・ミョンバク)政権を同時に批判した。

イ・スンファンは所属事務所ドリームファクトリーの社屋に「朴槿恵は下野しろ」と書いた垂れ幕を設置している。また、100人のミュージシャンと今の政権で傷ついた国民を癒やす歌「道に捨てられる」を発表した。プロジェクトに参加したユン・ドヒョンも「絶望は希望に進む道に何度も会う。検察が握っているカギがどうか希望の扉のカギであることを願う」とし、現政治に対する気持ちを表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP