주요 기사 바로가기

<崔順実ゲート>朴大統領「すべての過ちは私の責任…特検の捜査も受ける」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.05 09:57
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が「崔順実(チェ・スンシル)国政壟断事態」に関連して2回目の謝罪をした。

朴大統領は4日、青瓦台春秋館で発表した国民向けの談話で「今回の崔順実氏関連の事件で、とても言葉にできない大きな失望とご心配をおかけしたことを、もう一度深く謝罪します」とし「これらの事態は私の過ちであり、私の手落ちで発生したこと」と述べた。そして「改めて私の過ちを素直に認め、国民の皆様に許しを請う」と話した。

先月25日の最初の国民向け謝罪から10日ぶりにまた頭を下げた朴大統領は談話で「どこの誰であれ今回の捜査を通じて過ちが明らかになれば相応の責任を取らなければいけない」と強調した。

「私もすべての責任を取る覚悟ができている。必要なら私も検察の捜査に誠実に臨む覚悟であり、特別検事による捜査も受け入れる」とも話した。現職大統領では憲政史上初めて検察の捜査を受ける不名誉を甘受するのはもちろん、野党の要求(特検)も受け入れるということだ。

朴大統領はミル・Kスポーツ財団疑惑に関し、「国家経済と国民の生活に役に立つという望みで推進されたものだったが、その過程で特定の個人が利権を得てさまざまな違法行為まで犯したというので、本当に残念で惨めな心情」と述べた。「何をしても国民の心をなだめるのが難しいと思うと、『私がこんなことをしようと大統領になったのか』と情けなくなるほど苦しい」とも語った。談話の最後に朴大統領は「与野党の代表とよく疎通しながら、国会の要求を重く受け入れる」と誓った。

今回の朴大統領の謝罪後、世論がどう反応するかが政局の分岐点になるとみられる。この日の謝罪を控え、朴大統領の支持率は歴代大統領で最低値になったという世論調査の結果が出た。韓国ギャラップが発表した週間定期世論調査で朴大統領の国政支持度は5%に落ちた。これは1997年の金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の支持率6%(ギャラップ調査)より低い。野党では大統領の下野を要求する声がますます高まっている。

民心離れが加速する中、朴大統領は崔順実事態に対する責任を認め、自ら検察の捜査を受けると明らかにしながら出口戦略の摸索に入ったが、野党が要求してきた金秉準(キム・ビョンジュン)首相候補指名撤回問題と大統領の後退要求には言及しなかった。

秋美愛(チュ・ミエ)共に民主党代表は朴大統領の談話の後に記者会見を開き、「誠意がない個人反省文」とし「権力を維持するための一方的な首相候補指名を撤回し、大統領が国政から手を切り、国会が推薦する首相を受け入れなければ政権退陣運動に入る」と述べた。

こうした中、5日には朴大統領の退陣を要求するソウル都心のろうそく集会が開かれる。このため与党内部でも事態の早期収拾のためには金候補指名を原点から見直す必要があるという意見が出ている。青瓦台の関係者は「事態の深刻性は分かっている」とし「朴大統領の追加の立場表明も検討している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <崔順実ゲート>朴大統領「すべての過ちは私の責任…特検の捜査も受ける」

    2016.11.05 09:57
    뉴스 메뉴 보기
    朴大統領が4日午前、青瓦台春秋館で「崔順実国政壟断事態」に関連し、先月25日に続いて10日ぶりにまた国民に向けて謝罪し、頭を下げた。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP