주요 기사 바로가기

慰安婦被害女性「朴大統領、退陣せよ」時局宣言に参加

ⓒ 中央日報日本語版2016.11.04 09:33
0
慰安婦被害女性と慰安婦関連団体が朴槿恵大統領の退陣を促す時局宣言に参加した。

3日、慰安婦被害女性のキル・ウォンオクさん(89)、キム・ボクトンさん(91)、アン・チョムスンさん(89)が韓国挺身隊問題対策協議会や平和の蝶ネットワークなどの慰安婦関連団体と共にソウルで記者会見を行い、「朴槿恵は破綻と破局の政治を直ちに止め、大統領の座から退け」と促した。

会見では「朴槿恵・崔順実国政壟断が韓日関係や南北関係など主な外交安保領域にまで影響を及ぼした事実が確認された」とし、「韓国と日本の旧日本軍慰安婦合意についても疑問が高まっている状況」と主張した。

特に「国民の怒りが噴出している渦中に韓国・日本軍事情報保護協定締結の再推進を押し切るということもとうてい見過ごせないこと」とし、「これ以上朴槿恵大統領にこの国を代表する外交首長の権利を握らせておくことはできない」と付け加えた。

一方、建国(コングク)大学校の教授やソウル大学・高麗(コリョ)大学総学生会など大学関係者の時局宣言も続いている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP